■ かもめのモビールのこと ■



作りました。かもめのモビール。
これを作るきっかけとなったのは、千葉県船橋市にある"ららぽーと"という巨大ショッピングモールでみつけた モビールにとてつもなく心を打ち砕かれたためでした。

「買おう」と思わず、「自分で作りたい」と思ったのは 貧乏だからか、天才的な芸術家肌であったからかはわかりません。

打ち砕かれたその足で、東急ハンズに行き、材料を購入。80円くらいの厚手の白い紙一枚、針金(竹ひごでもよいか)、ちょっとかっこいい糸 (家にある普通の糸でもよいか)とほとんど材料費は かかっていません。

あとは、「モビール かもめ」で google検索し、写真を参考に作成。ここで、かもめではなく白鳥であることが 判明するがあまり気にすることはありません。

天才的な芸術家肌でありますから、実物のモビールの写真を参考にすることに抵抗はありません。

適当な紙で型紙を作り、厚手の紙に型を描き、ハサミでチョキチョキと。これが一番の難関で力をいれすぎなのかわかりませんが 手が非常に痛くなりました。



あとは適当に顔に色を塗り(webで調べた写真では小さくて よくわからないので本当に適当に)、木工用ボンドで羽をつけて本体完成。意外と適当でも良い感じです。

あとはよくできた奥さんに頭を下げて針金と糸でモビって貰いました。こういうセンスはないので お任せするのがよいと思います。そういう奥さんがいなければ、場合によっては「僕のためにモビってください。お願いします」 と求婚するところから始めたらよいかもしれません。



風に吹かれるとクルクルと回ってかっこいいです。

戻る