〜これからは更新していきたい個人的日記2004〜


最新の日記

6/30 パラ・シュート
台風。それは人々がこういうことを言い出す引き金となるだろう。台風のような強風のときに傘をさして空を飛んでみたい、と。 「ツイスター」という映画では、主人公が小さい少女のころに、父親が逃げ遅れて竜巻に一瞬にして吸い込まれて他界してしまうという描写があったけど、実際には そんな強風にまぎれて、メリーポピンズのようにニコヤカに笑ってはいられないでしょう。

それはどうでもよくって、あなたは小さいころ、こう思わなかっただろうか?
傘をさして飛び降りたらパラシュートのようにユラユラと優雅に落下できるのではないか、と。私は本気で思っていた。傘よりも、そこらへんにあるような スーパーのビニール袋でも両手に持てば可能だと信じて疑わなかった。近所にある一番高い13階建てのマンションからユラユラと落下する自分を妄想 したりしたものだ。実際には実行しなかったのだけど、私のような妄想野郎はそれを実現してしまう、という子供もいるのじゃないか、と思う。世界に1人は それで亡くなってしまった子もいるかもしれない。私は、自分の子供がもう少し大きくなったら、その辺に関してだけはしっかりと教育したいと思います。
6/29 ラブ・レター
先日、会社の人と話をしていたら、ふいに自分が昔ラブレターを書いて、それを出せないで机にしまったままだったことを思い出した。実家を出たし、実家は建て替えを したので、そのラブレターがどこに行ったかは忘れたが、どこかにあるような気がしてならないのです。このことは、赤面を誘発し、顔を熱くさせます。 うわぁ、やっちゃった、自分。もし誰かに見られたら、うわぁあああ、であります。やはり、夜というヤツは魔力を持っていますとも。そんなものを私に書かせるなんて。 過去の日記帳に鋏んである気がしてきました。見たいけど見たくない。そんなジレンマ。

探し出して、ここの日記に文面を載せられるほど自虐的になりきれない。30年後くらいしたら載せようかな。
6/28 カタタタキ
週末に、実家に帰り(といっても、すぐ近くなのだけど)、祖母の肩のマッサージをした。久しぶりにマッサージをした祖母の肩は、あほみたいに凝り固まっていた。

「あらまぁ、悪いわねぇ」
「たまには,おばあちゃん孝行しないとね」

というようなやり取りをしていたのだけど、その次に祖母の面白い一言。

「あなたたち(兄と私)に貰った肩叩き券いっぱい取ってあるのよ」

6/27 自意識超過剰
先日、会社帰りの電車でノートPCを開いて日記を書いていたら、前の席に2人組の女子高生が座った。
にいさん、大事件です。昨今の女子高生というものは、異様にスカーティングが短いので、小生のような俗物はドキドキしてしまうのです。 しかも、ノートPCを使っていると視線は自然と斜め下に向いており、ちょっと意識するだけで女子高生のスカーティングを覗いている変態と思われかねない のです。もちろん、小生、そんなことする度胸も、したいとも微塵も思わないわけですが、変態扱いされるのだけはゴメンであります。こいつはとんでもない トラブルの種なのです。絶対、「このオヤジ、覗いているんジャナイ?」という思いを胸中に秘めているはずなのです。くっそー。
6/26 過去Web日記
25日のジャガイモの日記を書くために、HPをオープンして1年くらいまで公開していた日記を探し当てました。
その勢いだけはあって、内容のまったくないことないこと。「!」「(笑)」マーク使いまくり、恥ずかしいったらありゃしない。うーん、しかし若気の至りとは なんと面白いものよ。きっと、今書いている日記の文章達も後から見たらえらい恥ずかしく、そしてそれがまた面白いものなのでしょうね。

以下、1999〜2000年の日記の抜粋

11月17日:リンクのやり方を知る・・・。初めて流れ星を目撃!5個も見ちった(^^)
「うわぁ、"見ちった"だって。"見ちった"だって。」

12月20日:ついに一般公開!もう50人を突破して嬉しい限り。だけど、思ったんだけど 各コーナーからメニューのところに戻るだけでカウントされちゃうんだね・・・。ってことは 全然、大して来てないんじゃ?って、カウントされないタグのやり方ってあるのかな?
はじめのころはカウンター気になりまくり。なんだか若い。

1月6日:テレビを観ていて妹が一言・・・ 「私ってSPEEDの島袋寛子に似てるって言われるの」 おいおい、 うちの鏡は魔法の鏡かい!!
ネタを作ろうと必死です。フォントサイズを変えて誤魔化していました。「〜かい!!」というツッコミも若い。

1月25日:机の中を探し物をしていたら500円玉 ゲット!思わぬ収穫。
おめでとう。
6/25 ジャガイモ栽培
昔からこのHPに来てくれている人の中でも覚えている人は少ないのかもしれませんが、2000年の春から夏にかけて実家の庭を利用してジャガイモを栽培しました。 大学生が適当に作ったにしては、2.5キロの収穫と楽しいものでした(そもそも子供の頃から芋掘りというのはワクワクする)。
で、一週間前くらいに、実家の庭から小さいジャガイモが2つ発見されたという報告をもらいました。現物は小振りながら立派なジャガイモでした。 これはどういうことでしょうか?4年前の収穫の獲り忘れなのか、はたまた、野生化して4年間ジャガイモが出来ては種イモとなり、そこからまたジャガイモが できて、、、というのを繰り返していたのか。それとも、家族の誰かが庭に要らなくなったジャガイモを捨てただけなのか。すっごいミステリアスだけど、 ちょっと面白い事件です。
6/24 タネ明かし
6月16日の日記で書いた、トップページのジョージのネタ元ですが、掲示板でぽちさんという方が突っ込んでくれました。ありがとうございます、ぽちさん。 ネタ元は映画「ピンポン」のホームページでした。「ピンポン」面白いから観てネ。

昨日、夜に子供を寝かしつけるときに、平均点くらいの日記ネタを思いついたのだけど、消失。一昨日も朝5時くらいに眼が覚めて、やはり平均点くらいの 日記ネタを思いついたのだけど、今や忘却の彼方。「なんで朝の5時にこれなんだよ」というようなどうしようもないネタだったのは 覚えているのですが。。。ベッドの横にメモ帳置くべし。
6/23 わたしのダサさ
今度、インターネットの人とちょっと会うことになった(出会い系ではもちろんない)。
それだからであろうか、どうも急に自分の容姿が気になりだしたらしい。この生まれて27年間、基本的にはファッションセンスゼロで生きてきたのだけど、 急にそれが恥ずかしくなった。鏡で見る自分の顔も、どんどんダサく見えるのだ。実際ダサいのだけど、これまではそれに気付かなかった。
そうそう、 自分の顔というものを意識したのっていつくらいでしょう?私は小学校高学年のころに急に自分の顔を自覚しました。こういう顔だったんだぁと。毎日鏡を 見ていたのに不思議です(いや、鏡なんて全く見ないで生活していたかも)。
それはともかく、来るべき日に備えなければなるまい、と自分の中でなったのです。整形するには時間がないので、それは置いておいて、ファッションを どうにかしなくてはならない。私は毎日スーツメンなのですが、スーツメンというのは何と楽か。スーツを着ているだけで界王拳4倍くらいの実力になってしまう ような気がする。これは学生の学生服やOL、スチュワーデス、看護婦などの制服にも通じるところがある。個性というのはなくなるが、ある一定のレベルに 見えてしまうから不思議だ。ちなみに私はコスチューム好きではないことは言っておく(いや、キライではないですけど)。
兎にも角にもなんとかしなくてはなるまい。よーし、ユニクロにダッシュだ(間違えてる)。
6/22 電車の並び方
またまた電車ネタ。駅のホームで電車を待つ正しい並び方を皆に知らしめなければならない。

・3列になってお並びください、って真ん中の人は降りる人と鉢合わせで乗れないじゃん(超混雑駅は3列なのかな?)。はじめから 2列縦隊にしておいてくださいよ。
・並び線(?)の微妙に後方に位置取るのはやめなさい。他の人が並びにくいではないか。うっかり普通に並んだら、割り込みしたみたいに なるではないか。
・携帯電話でメールを打つのなら、下を向いてしなさい。後の人が困っているではないか。「ヒロシ☆今から帰るヨ〜(^○^)/」、、、バカッ!
・ホームで並ばず、窓の外を見ながらたそがれるのはやめなさい。いや、別にいいけど。

あと、あれね。ホームのイスね。イスの前の並び線って微妙ね。前からイスに座っている人の前の並び線に並ぶと、割り込んだみたいになるからね。
6/21 傘のおはなし
今朝、台風が近づいており午後には雨が降る、と妻が私に傘を持たせた。基本的に私は折りたたみ傘を信頼しており、毎日カバンに携帯しているのだが、 さすがに台風ともなると強風で傘が逆に開いてしまうというみっともないことになるかもしれない、ということで素直に妻の助言に従ったのだ。 外に出て、最寄り駅まで自転車を走らせる途中、傘を持っている人はいなかった。このことは、私にとって恥ずかしいことだった。自分だけ、午後の台風に備えて 今から傘を準備しているという行為はケツの穴の小さい人間の行為だからだ。私は、すれ違う全ての人に「ケツの穴小さいなぁ」と言われているのではないかと 妄想してしまう。
この感情は、コンビニなどに友達と自転車で行った時に、自分だけ自転車の鍵を閉めていた時のそれによく似ている。備えあれば憂いなし、という言葉があるが 真の漢ならば、何か事が起こったあとに初めて行動したいものである。

雨が降っていて傘をさしてボーっと歩いていたときに、気付いたら雨はあがり、自分以外には誰も傘をさしてなかった、という場面も恥ずかしいね。
6/20 空き缶コロコロ道徳
電車の中でたまに空のペットボトルや空き缶がコロコロと車内に転がっていることがある。そもそも電車の中での飲食なんてとんでもないけど、 そのまま車内に放置、しかも転がるように放置するその感覚がまったくもってわからない。おそらく、他人の自転車のカゴにゴミをいれていくような人がやっている のだろうけど、あの人達はきっとその行為が悪いということも感じてないのかもしれない。感じていたとしても相当麻痺しているのでしょう。それはともかく、 車内に転がっている空き缶などは座っている人の足元にも転がってくるわけなのだけど、自分の足に当たった場合に、ひょいと足をどける人がいるでしょう。 その感覚もまったくわからない。自分が足をどけるイコール隣の人に空き缶がぶつかるということなのに、平気でそういう行為をする。こういうときは、 自分の座席の下に立たせるのが一番です。みんな幸せになれます。ちょっといいことした気分にもなれるのでオススメです。
6/19 しつこいけど
しかしながら、この日記で書こうとした内容は、実は昔書いたのではないかといつも思ってしまう。いちいち悩んだり、昔の日記を検索したりするのは 面倒なので、そういう場合はためらわず書いてしまおう、なんて開き直るのも手であろう。昔書いた(かもしれない)ネタでも、書きたいと思ったと言うことは 今気になっているネタなので、迷うことはないのだ。そうに違いない。

こういう前置きをしておけば、とうとうネタ切れになった場合には昔の日記をコピペという技が使えると言うわけです。 いや、しかしマジメに同じ内容を書いてしまっていたら「おいおい、ボケとんのかい」とどなたか優しく突っ込んでくださいませ。
6/18 プロ野球
花の金曜日です。しかし、一週間が早い。何もできやしない。

阪神タイガース→阪神
広島カープ→広島
ヤクルトスワローズ→ヤクルト
読売ジャイアンツ→巨人

なんでジャイアンツだけ日本語訳!?すごく納得がいきません。しかも、アクセントが巨(→)人(↓)と人が下がってる。本当なら、巨(→)人(↑)でしょ。 どうなのどうなの。前にもきっとこのこと書いたのだけど、すっごい気になります。そんなに巨人が偉いのか、特別なのか、という話ですよ。

なんで横浜が上に載ってないのかと言うと、英語部分がわからなかったりして、、、ホエールズでいいんだよね??

そんなエセプロ野球ファン。でも、よくよく考えると、企業名を出してない語らない巨人は偉いのかしら。

あ、ベイスターズじゃん!(ぎりぎり思い出した)
6/16 トップ絵
ホームページをリニューアルしてからもうかれこれ1ヵ月近くになりますが、トップに置いてあるジョージの元ネタについて 突っ込んでくれた人は皆無である。あるものをパロったのに気付いてくれないということはちと寂しいものです。髪の毛切った後に 学校行っても誰も気づいてくれない時や、学校を休んだ次の日に誰からも心配されない時と同じ感覚でしょうか。

そこで、ジョージのネタのヒントを書きますので、誰か心優しい方はツッコミをひとついただけないものか、と。ヒントは「戦型」ってところですね。 最初にツッコミを入れてくれた人一名に、、、特に何もできませんけども。
6/16 更新意欲 他
せんせい、あのね。仕事中に何故かホームページの更新意欲がもりもりと湧いてくるのに、家に帰って一段落すると、 その異様に膨れ上がった更新意欲はどこかへ行ってしまうの。

「それはね、ボクが現実逃避をしているからだよ。わかる?現実逃避って」

毎度のことなのですよね。あああ。

今朝、仕事場に向かう途中の信号で、1人だけ律儀に信号を守っていた人がいた。それはそれで素晴らしいことなのだけど、 みんながどんどん信号無視をして渡っていくのを見て、その人はちょっと行きたいのだけど、今行ったら負けと思って信号を守っているように 見えた。これは結構かっこ悪かったりします。

こういう時ってたまにありますね。自分の知らない土地で律儀に交通ルールを守っていたら、 ああ、行っちゃってもいいのね、みたいな感じの。でも、こういうときは、動揺してはいけないのだ。動揺したらかっこ悪いのだ。

あと、あれね。普通のガードメンをポリスメンと勘違いしちゃうパターンね。あれかっこ悪いね。かっこ悪いよ。でも、紛らわしいよ、ガードメンの衣装ってさ。
6/15 アライアンス
よくホームページのトップページの一番下ら辺に"○○同盟"というアイコンが貼り付けてあるのを見掛けます。あれは結局何なんだろう、と思う。 基本的に特に活動はしていないのに、何故あんなにたくさんの人が貼り付けているのだろう。やりたいことは「アタシは○○が大好きだ!」という決意表明で、 自己紹介の一部なのかもしれないが、やはり一番はそのアイコンにあると見ている。確かに"○○同盟"のアイコン(というかミニバナーかな)は、 面白いものやよく出来ているものが多いため、そのアイコンを使いたいがために、同盟に入るという人も多いのではないのか(勝手にそう決め付けています)。 ということは、私が前に作ったアイコンを利用して"○○同盟"と銘打てば、そこそこ同盟に参加してくれる人もいるということかしら。例えば、先日作った ボロミアの下に「ボロミア同盟」と入れるだけで。たまたま私が作るアイコンのサイズもミニバナーに打って付けなサイズなのでよいかもしれない。

というようなことを同盟を見掛けるとよく思ってしまいます。そんな簡単な話じゃないか。

そういえば、昔、チョッパー同盟を作りたいので、アイコン作ってくださいってリクエストしてくれた方がいましたが、使ってくれているのでしょうか?これを 見ていたら連絡ください〜。
6/14 ミニSL機関車
土曜日の夜に徹夜してしまったのですが、日曜日の昼間に代わりに寝ると怒られてしまうので、なんとかがんばって子供を駅前にある公園などに連れて行きました。 そこの公園は近所では一番大きく、5メートルほど水が吹き出る噴水などやプールなどがあり、自分の子供のころもたまに来た公園でした。子供という生き物は噴水が 好きなので、そこで遊ばせようと思ったのですが、その日はたまたまミニSLが来る日でした。小さいサイズの機関車(面白いことに石炭をわざわざくべて走ってました)が公園内をくるくる回っており、並べば乗らせて もらえるというものでした。確かに子供の頃に、SLが走っていたのを思い出したので、懐かしくなって子どもと一緒に乗ってしまいました。
異様だったのが、ミニSLが何機もあり、大の大人たちがそれぞれ持ち寄ったらしいSLをメンテナンスしている風景。こんな千葉の片田舎の公園でよくやるなぁと いう感じでした。相当お金が掛かってそうだったし。近所の公園はミニSLの聖地なのかしら。それとも、毎月第2日曜日のみ集まるらしいので、週末ごとに場所を変えて 慈善活動として子どもたちを喜ばせようとしているのか。うーん、明らかに自分たちで楽しんでいたよなぁ、あの人達。いや、子供たちの乗りたい欲求とSL軍団の 走らせたい欲求が見事に合致して素晴らしいことだと思うのですけどね。

実は、こういうような日常の日記も他に書いていたりするのですよ。良いパパ度がアップするのは、あまり嬉しくないのですが、ネタ無きゆえに。
6/13 ネタなし
鼻毛をぐいと抜くとクシャミが確実に出る。だから、違う部屋にいる奥さんにもバレる。「また鼻毛を抜いたの?」と。ぐいと抜くと出るのだから仕方あるまい。
鼻の内側の細い鼻毛を抜くと何故痛いのだ。太目のものについては快感すら覚えるというのに。抜きすぎて痛みが麻痺したのか、抜きすぎて太くなったのか。

先日インターネットのドメインを取ってHPを移転したのだけれども、URLを「sur-go.com」にするか「www.sur-go.com」にするか悩んだ。どっちでも、アクセスは できるのだけども、実際のところどうなのだろう。ちょっとそこの人、教えてくださいな。そんな作法わかりません。
6/12 お笑いって大変
お笑いについてどうこう言えるような面白い人じゃないのだけど、ふと思ったこと。最近のお笑いブームで芸人さんがたくさんTVに出ていますが、 一発屋的な人が数多くいます。これは何故か、と。芸の幅が狭い上に、ひとつの芸が面白すぎるのがいけないのではないか。ひとつの芸だけ取ってみると、 とんねるずやダウンタウンやナインティナインやロンドンブーツやら冠番組を持っている方々よりも確実に面白い。だが冠番組を持つ人達は見ていて安心感というものが あり、飽きとは無縁である。とんねるずやロンドンブーツを単体では面白いとはまず思わないけど、それでもついつい見てしまったりしている。だから、お笑いをやる人は これ、というネタができても安売りせず、それ以外の部分を鍛えていくのが大切なのでしょう。がんばれ、お笑い芸人。
その点、山本太郎はすごいと思います。一度「元気が出るテレビ」で頂点に立ったのに、安売りはせず、あえてしばらく身を引いた。んでもって、今では 中堅の芸能人ですものね。それと今ではくりーむしちゅーがうまくやっているなぁと思いますね。お笑いとしての面白さは正直あまりないけど、立ち回りはすごいやすごいや。
6/11 「レンツ」で検索してみる
レンツ(1804〜1865)
ロシアの物理学者。ペテルスブルグ大学で教授をしながら、電磁気学の研究をはじめました。1833年、「電磁誘導によって、コイルに流れる電気の方向」について有名なレンツの法則を発見しました。1842年には電流の熱作用に関する法則も発見、19世紀の電気学の進歩に大きな業績を残しました。

オペラ「狂ってゆくレンツ」
あらすじは詩人レンツが狂っていく様子が描かれていくのだが、レンツは実在の人物で1751-1792を生きている。当時ゲーテのまねばかりしていたといわれていたというが「家庭教師」「軍人達」がオペラに取り上げられており、再評価されつつ人物であるという。  レンツは狂っていくのだが社会的な正常人に介護してもらったり、教会に祝福されたりするのだが狂気は破滅へとすすんでいく、 挿話的に近所の女の子の死をかつての恋人の死と誤解してしまうなどがえがかれ、痛ましい劇の進行である。救いはない。 (引用:http://www.greengrape.net/mizuno/misc/riem.html)

みなさん、ごきげんよう(レンツドライヤーもお忘れなく)。
6/10 わたしと鼻水
先日まで風邪をひいており、鼻水がズルズル出ていて、たまにズルッとすすった鼻水をゴクリと飲んでいましたさ。お食事中の方申し訳ない。鼻水を飲んでしまう のは、私だけでないことを願うが、思ったより多めにズルズル〜っと鼻水がすすれてしまった時の対処に困るものです。そんなことはどうでもいい。

鼻水がつまるととても苦しいわけで、どうにかして鼻をかんでスッキリしたいと思うわけだけど、鼻をかむと一瞬は楽になるのだけど余計に鼻水が出てくる。 で、ずっとかみ続けるとその内鼻水が詰まっているのに、出てきてくれない状態に陥るわけです。かといって鼻をかまないわけにはいかない。しかし、鼻が悪い 私は、鼻水をかむ時に大音量でしかも耳障りな音がするため、人前ではなかなか鼻をかむことはありません。会社ではトイレに行って盛大に鼻水を放出したりして います。しかし、机に向かって仕事をしているとすごく鼻水が溜まっているのに、席を立ってトイレに向かっている最中に鼻水がどこかしら行ってしまうのは何故だろう。 あいつらは急にいなくなるので性質が悪い。人間様を困らせようとしているのであろうかなかろうか。

どなたか自分流の鼻水瞬間撃退法を知っていたら、Mr.伊東の家に投稿せず、包み隠さず私に教えていただきたい。私は瞬間撃退法は知らないが、ちょっとした技は持っているので、ここに書きます。

基本的に彼らは片方の鼻の穴に集中し、もう片方の鼻の穴は呼吸に使用することができます(たまに両方の鼻の穴が詰まった時はお手上げですよね。誘拐されて猿ぐつわを ハメられたらどうしようもなさそうです)。例えば、右の穴に集中した場合、どうにかして右の鼻の穴をクリアーにしたい。こういうときは左の鼻の穴に彼らを誘導すれば よいのである。
私がこの方法を発見したのは中学生の頃のある日。もしかしたら普通に知られているのかもしれないけど、発見した時はノーベル賞モノと興奮した ものです。鼻水は水という文字が入っているように流動的で地球の引力に対して素直である。つまり、私の方法は寝転んで右の鼻の穴を上に、左の鼻の穴を下に することである。こうすることによって、彼らは少しずつではありますが、下(つまり左の鼻の穴)に移動してくれます。こうすることによって、今まで鼻水がどん詰まり だった右の鼻の穴は左を犠牲にすることによってクリアーになり、新鮮な酸素を取り入れることが可能になります。これは本当の話です。
この技を応用して、鼻水をノドのほうに誘導しようとしましたが失敗しました。また、鼻をかんでも出てきてくれない状態になったときに、この技を利用して、 鼻水がちょうど真ん中くらいにきたときに、ズビズバ鼻をかむことによって完全脱出を図ることも可能なのです。
6/9 限定ナルティシズム
「人は皆、ナルシストである」という名言を4丁目の河合さんのおじいちゃんが言っていたけれども、それは真実であるかもしれない。 実は私も自分のことをかっこいいかもと思うナルシストなのです。私の素顔を知っている人は何を血迷ったか、と思うかもしれないが、私は本気です。 「人は自分に自信がなければ、何事もうまくいかない」と川向こうに住んでいる、「VIVA!○○!」が口癖の日系8世の田中・ボボ=はじめお兄さんが3年前 盲腸になる直前に言っていたのだから間違いないのです。 ただし、私が自分のことをかっこいいかも、と思うのはある限定された条件に合致した場合のみの話であります。
ひとつは、電車のガラスに映り込んだ自分。いい具合にボケており、また眼が悪い私は「もしかしたらイケているのではないか」と思ってしまうのです。
もうひとつの限定条件は、「ビデオ屋のバイトにギリギリ遅刻するかしないかという時に、2階にあるビデオ屋フロアに急ぐ階段の途中の鏡に映り込んだ自分」です。 かなり限定されていますが、急いでいて髪がいい具合になびいているのか、店長に怒られるのが怖くて正常な思考ができなくなっていたのか、男前に見えてしまって いたのです。

先日、電車に乗っていたときのこと、ひとりのブサイク、漢字にすると不細工、アメリカ風にするとブサイキーが1人寂しく立っていました。自分でした。 インターネットの世界で「レンツ」などと恥ずかしげもなく名乗っている自分でした。その風貌はお笑いのアンガールズの片方に限りなく似ていました。
これで、私の限定ナルシスト条件のひとつが失われたことになります。こうなったら、もうひとつの条件を発動させるしかないのです。 今の会社を辞め、クビになったツ○ヤにもう一度雇ってもらい、遅刻ギリギリで階段を上る、、、これしか残されていないのです。
6/8 ハウトゥー歯磨き
だいぶ前に「libido」の管理人のseaさんがその日記の中で、洗顔をするとそこらじゅうに水が飛んでしまう、 というようなことを書いていたけども、私は洗顔ではなく、恥ずかしながら「歯磨き」が苦手です。どんなに気をつけていようが口からダラダラと歯磨き粉が垂れてきて アバババとなってしまいます。歯磨き粉をつけすぎなのか、よだれが多すぎなのか、はたまた勢いが良すぎるブラッスィングなのか、理由はよくわかりません。 どうにもこうにも垂れてくるのです。27歳の男子が書くことではないのだけれども、どなたか私に正しい歯の磨き方を、アバババと ならない磨き方を教えてください。
6/7 虚弱体質
また、風邪をひいてしまった。確実に子供からうつされる自分。虚弱体質、どうにからならないものか。ダウンデス。 風邪をひいた時の夜ってなんて長いのでしょう。眠るという人間の基本的な行動のやり方もわからなくなり、そもそも人間は何のために寝るのか、と意識朦朧となってしまいます。
平常時は、フットサルでシュートを決めたシーンなどを回想しているとすぐに眠ってしまうと言うのに。ああ、何も考えられない。また眠るとしますか。
6/6 コネコ
金曜日の夜、友達の家に寄ったりとちょっと遅めに帰宅したのだけど、何やらマンションのロビーのところで、だべっている男女がいた。 「まったく、夜遅くに何やっているんだよ」と心の中でつぶやきながら、彼らを無視して郵便ポストをチェックしてエレベーターに乗ろうとしたら、「猫いりませんか?」との声。 振り返ってみると、20センチくらいの小さな猫が2匹。

「捨てられていたんです」

見ると、ダンボールが近くに置いてありました。
「えー、いまどき、、、」
「珍しいですよね〜」

などとやりとりをした。このマンションは2,3年に一度、こういうことがあるとのことでした。 私は断然犬派なのだけれども、あの小さな赤ちゃん猫はかわいすぎ。私の足元をちょろちょろとしていて参りました。 その後も人が帰宅するたびに「猫いりませんか〜?」とがんばっていました。貰い手が見つかっていたらいいのですが。 しかし、このマンションに引っ越してきて10ヶ月くらいになるけど、初めてまともに住人と話をしたような気がする。動物は人と人を結びますね。
6/5 ビックリマーク
ここのサイトを知っている人のサイトに書き込みに行く場合、「お久しぶりです。シュールでGO!のレンツです」というような出だしになることが多いです。 この時に注意しなくてはいけないのは”シュールでGO!”という単語の”!”マークの存在です。ヘタに”!”を使ってしまうと、「こいつ、こだわってやがる」と できるだけ思われないようにしなければといつも思うのです。といっても、思われないようにする方法などはないのですけどね。

それとこの”!”マークは若いころの文章でよく使っていますね。強調のために。あとでみると恥ずかしいですね、これ。
6/4 見やすい日記
今話題のブログなど、Web日記を書く人は現在相当数に上り、これからもその数は加速的に拡大していくだろうと思われます。
人の日記はドラマと同じで、見ればけっこう面白いものです。私自身、毎日訪問する日記サイトは数件あり、少しずつ訪問するサイトの数も増えていっています。 世の中のネットサーファーもきっと同じでしょう。人に見てもらいたければ、これからは面白い日記を書くだけでなく、一工夫しないと読んでももらえないという 状況に陥りそうです。私も日記を書く者として、これからは少しでも多くの人に見てもらうために何かしら手を打たなくてはと思っている次第であります。 私の問題としては、(内容のつまらなさは遠い向こうに置いておいて、、、)読みにくい日記というのがありそうです。改行少ないし、文字小さいし。実際、改行少ない文章だとなかなか読む気がしないことがよくあります。 それでも、改行を考えて文章書くと2倍くらい時間が掛かりそうで厳しそうです(簡単なツール使えばそんなことないんでしょうね)。 とりあえず、試しにTOPページに置くほうの日記のフォントサイズを本日だけ1個大きくしたいと思います。

と思いました(0.2秒)。
6/3 ラン・ローラ・ランあるいは弾丸ランナー
先日、どうやら電車の時間が迫っているらしく駅に向かって走っているひとを見掛けた。その人は地面を強く蹴って滞空時間が長く、弾むような走り方をしていた。 実は私も帰宅時に、電車の時間が迫っていて歩いたら目的の電車に乗れないので、会社から同じような走り方をして駅に目指す、ということがよくある。 この走り方にどんな意味があるのでしょうか?そもそも昨今、人の多くいるような歩道で人の間をすり抜けながら走る、という行為は恥ずかしいものであります。 そこを走らなくてはいけないのですから、一生懸命走るということは余計に恥ずかしいものです。「何がんばっちゃっているの、あの人?」と指摘されてもおかしくない。 それを避けるためにも、「私はがんばってないのよ」ということを見せ付けるためにも、滞空時間が長くて、弾むような走り方をする必要があるわけです。また、 実際には現代人には長い距離を走る能力はあまりないと思われ、実は相当疲れている。でも、それを周りに悟られないようにもその余裕っぷりを見せる必要が あるってものです。きっと、人が多くいるような場所でそういうような走り方をしている人はこういう理由があるわけです。そっとしておいてあげてください。
それと、よくあるのが明らかに競歩レベルの歩き方をがんばってしている人。だったら走ったほうが、、、ランナーなったほうが、、、と思う。 走るのが恥ずかしいから、超早歩き。端から見ていると逆に恥ずかしかったりもします。
6/2 ポイズンガールズバンド
仕事中に「子供に嫌われている芸能人は誰?」というナゾナゾを思いついてすごく私の心は凍てついた。こんな私に誰がしたのか。

昨日の日記での探していたお笑いコンビの名前がわかりました。ポイズンガールズバンドでした。(7月4日追記:「ポイズンガールバンド」でした。 「アンガールズ」の"ズ"を入れてしまった模様)書いてみるものですね、 掲示板でやまもとさんという方が教えてくださいました。 「バレーボールの山村似」というのが決めてだったそうです。 彼らを確認しようと、Webで検索したのですが、公式なデータはありませんでした。かなり最近の方々なのでしょうか。 ちなみに、アンガールズというコンビも大好きです。ああいう微妙なネタは 世間に注目されすぎなければ面白いのですよね。ダンディ坂野もつまらないものを面白くするという微妙なネタですが、世に出すぎて飽き飽きしてしまう というところに行ってしまいました。微妙なネタの人はたまに見て面白いくらいがちょうど良いですね。芸人さんは難しいものですね。
そうそう、おぎやはぎもそうだけど、ツッコミらしくないツッコミ、ツッコミと言うか実はボケっていう突込みが私は大好きです。 荒いツッコミは苦手です。
6/1 続・透明ビニール傘
今朝は雨であった。私は「透明ビニール傘最強論」を実践するべく、ビニール傘を片手に家を出た。

・・・・・・・・・・・

私は今、電車に乗り会社へと向かっているところである。フトモモ、ビショビショ。

実は、今まで大雨の日はビニール傘を信じておらず、実践したのは初めてと言っても過言ではなかったのだ。といっても、通常の傘でも同じように濡れていたのだろうけども。ビニール傘だったから 少しは被害を食い止めた、、、
ということにしておこう。これからの梅雨の季節に入って、いろいろとテストをしてみようと思う。待て次号。

突然ですが、探し人をしています。少ない情報しか持ち合わせていませんが、どなたか教えてください。
お笑いコンビ。片方はバレーボール男子のセンターの山村似。2人とも貧相。ネタがシュールで、突っ込みも冷静系。 金曜の深夜にやっていたお笑い番組(長井秀和とか出てた)のゲストっぽかった。 そのときやっていたネタは、芸能人の物まねをする部活に入っていて、1人はタモさんの練習をしていた。最後のオチは「トモダチのワ」 だったような気がする。 ああ、面白かったのでもう一度見たいです。