〜これからは更新していきたい個人的日記2004〜


最新の日記

7/31 言い訳
この日記を毎日書き続けて、もう半年にもなりました。それまでの日記が2ヶ月、3ヶ月と更新間隔が開いていたことを考えると、毎日毎日よくもまぁ続いたものです。 でも、この日記もいつかは止まってしまうことでしょう。今すぐに止まる理由は全くないのだけど、それでもやはりいつかは何かしらの理由で止まってしまう、という のは常識的な考えだと思います。

さて、私はいつも自分の行動に課しているものがあります。何か欲しいもの、とりわけ、いつかは必ず手に入れるであろうものは早めに買っておけ、というものなのですが それに沿って言うならば、日記もその内ストップするのだから、今のうちにストップしておけになっちゃうんですよね。でも、がんばります。がんばらせてください。 だから、たまには日記見に着てちょ(ごめんなさい、今相当よっぱらっています)。
7/30 マトリックス
たまに眼が疲れて遠近感が変になることがあります。近くのものもすごく遠くに感じるのです。トイレの便器も非常に遠く感じるので、 一歩間違うと危険です。それはともかく、この症状になったときに思うのが、実はこの世界は仮想現実で、仮想現実を私に見せているシステムが ちょっと調子が悪いのではないかということです。システムが異常なので、ちょっと念じれば超能力なんてものも使えるのではないかと思ったりもしますが、 どうも超能力は使えないようです。消しゴムを横に動かそうと念じても、動かないからです。まぁ、それはともかく、本当は仮想現実である、というのは 結構現実的に思えて仕方ありません。人間は不老不死を求めますが、どうしても現実には難しいでしょう。ならば、肉体を酷使しない仮想現実の世界で 生きるのならば、その寿命は飛躍的に延ばすことも可能な気がします。最悪、脳さえ残っていれば生きれるという話ですから。それがいいのか 悪いのかわかりませんが、将来いや現在そうなっていることを否定することは誰にもできないはずです。だけど、真実を知ってしまった私は(了)。
7/29 チャックの話
ズボンのチャック、つまり社会の窓が開いている場合、どんな人が教えてくれるだろう?
世話好きの近所のおばちゃんが「あらやだ、あなた、チャック開いているわよ」と世話好きらしく教えてくれるのか。会社の同僚が「おい、チャック開いてるぞ」と バカにしながら教えてくれるのか。電車の中で、前に座っている赤の他人の薄毛のおっさんがしきりにチャックを触ることで、私にサインを送ってくれるのか。 はたまた、チャック・ウィルソンつまりチャックがチャックが開いていることを教えてくれるのか。
どれが正解かはわからないけど、実際は誰も教えてくれないのではないかと、思います。おそらく家族の誰かが教えてくれるだけでしょう。 教えてくれた人は本物の身内です。無条件に愛してあげてください。

そして、どなたか暇な大学生あたりの人、一日誰かに指摘するまでチャックを開けっ放しで暮らしてくれないでしょうか。誰が教えてくれたか 教えて欲しいんですけど。誰かー誰かー。あ、でも今は夏休みか。

ところで、私の昔話ですが、中学校の頃の修学旅行で、キャアキャアと女子生徒に囲まれている外国人教師のカールが 私とのすれ違いざまに、「ズィッパー、ズィッパー」としきりに言うのです。私がぽかんと「?」マークを出していると、ジェスチャーで教えてくれました。 私のジッパー(チャック)が開いていることを。女子生徒に囲まれながら。女子生徒に囲まれながら。カール!!
7/28 男塾
以下には、間違いがひとつあります。

帰りの電車、降りる駅に到着、電車のドアが開く、目の前はホームの階段。

間違いを探し当てれましたか?答えは、「目の前はホームの階段」です。別に日本語の文法の話ではありません。文法なら、私の場合間違いだらけですから。 問題なのは、「目の前はホームの階段」という状況にあります。この状況は明らかに漢ではないのです。
何が言いたいのかというと、漢たるもの、適当に電車に 乗り込まなければいけないのです。自分の降りる駅の階段の場所を事前に把握するということは、非常にかっこ悪い行為なのです。恥ずべき行為なのです。
それは、毎日仕事に疲れて帰っているし、省エネを図りたい気持ちは痛いほどよくわかります。しかし、心に余裕のある人から見たら、なんとまあ、ケツの穴の狭い 人間に見えることでしょう。人にどう思われようがかまわんたい、という博多っ子以外は、恥ずかしがらなければなりません。このことは、まだ雨が降っていないのに 天気予報で夕方から80%の確率で雨が降るでしょうという情報に振り回されて、傘を持ち歩いてしまうことくらい恥ずかしいのです。君よ、漢たれ。
7/27 恐竜と私
虫が大好きな人間というのは、珍しいと言える。子供の頃ならいざ知らず、大人になってしまうと皆一様に虫嫌いになる、と思われます。 いきなり、物の影から中型の虫が出てくると「うわぁっ!」とのけぞってしまうでしょう。

今、恐竜博みたいのが、幕張メッセで催されているようです。我々にとって恐竜ってドラえもんで出てくるくらいのリアリティしかないのだろうけど、 よくよく考えてみると、あんなでっかいものが目の前にいたら、例え草食の恐竜でも正気ではいられないでしょう。その点、のび太達の勇気には脱帽です。 しかし、恐竜にとっては、我々はどう見えているのでしょう?ドラえもんで出てくるでっかい草食の恐竜は、のび太達を虫けらのように無視しており、 身体を滑り台として貸してくれていたりします。でも、本当に人間を虫のように扱っているのだとしたら、どうでしょう?
「うわぁあああ、人間だ!気持ち悪っ!!」と踏み潰しにかかってくるかもしれません。だから、恐竜に遭遇した時は、草食の恐竜だとしても 隠れで。隠れ隠れ。
7/26 ウォーカーズ
道を歩いていて、前の人を追い越した直後に、自分が別の人に抜かれた場合、

1位:自分を追い抜いた人。一番速く、優越感に浸れる。
2位:自分がはじめに追い抜いた人。2人に追い抜かれたものの、マイペースを貫いている。自分に抜かれた瞬間はちょっとショック。
最下位:自分。人を追い抜いた直後に別の人に追い抜かれる屈辱感。漫画で表すなら、人を追い抜いて優越感に浸っていて「ふふん♪」。 逆から影が「!!」。そんな感じ。負け。

電車の時間が迫っており、何でもない信号だったので無視しようとしたら、4歳くらいの男の子とその母親と見られる人が信号をしっかり待っていたので、 立ち止まると、急にその親子は信号無視しだした。私の負け(でも、電車にはギリギリ間に合った)。
7/25 見苦しい話
ワタクシ事ですが、、、、宅配ピザ、高くて自分の金で頼んだことがないです。もしも、頼んだことがある、もしくはよく頼むと言う人は 私から見たらブルジョワです。ブルジョワジーです。ガリガリくんが何個買えるんだって話です。確かに美味しいけど、だったら回転寿司行くって話ですよ。
そうそう、回転寿司といえば、先日初めてかっぱ寿司に行ってきました。全皿100円という回転寿司屋です。ネタは普通の回転寿司よりも だいぶ落ちるのですが、何しろどんな皿でも100円ですから、何も考えずに皿を取ることができるっていうのがいいところです。回転寿司の 本質を突いてきているような気がします。いつもは回転寿司行っても、この皿は高いから断念、ということが多く、悲しみにくれていましたもの。 回転しているのに、選ばなくてはいけない。このことは私のハートをいつもズタズタにします。

しかし、もうそろそろ28歳だというのに、未だに自分のお金で回転していない寿司を食べに行ったことがないです。寿司屋は自分の金で行くものではない、 といつも思っているものの、そろそろデビューしてもいいのではないかと思う次第であります。まぁ、宅配ピザを頼むほうが先ですね。 いつまで経っても、ザ・ケチ男は治りそうにありません。
7/24 ペ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュン。私は「冬のソナタ」を見たことがないから彼の良さというものは全くわかっておらず、普通の韓国人に見えてしまう。 日本人が群がる彼だけど、彼の外見についてどう思っているのだろうか?彼の中身(というか演技)に対して惚れこんでいるという現象なのか、 それとも彼のような割と薄い顔立ちが今流行りなのか。後者だとしたらチャンスである。私も顔立ちは薄いですから何とか頑張ればヨン様似になれるかも しれない、と密かに思っています。いつかもうちょっと髪の毛が伸びたら、ヨン様風な私の写真を載せたいと思います。気持ち悪がられる可能性85%也。 なりきりペ・ヨンジュン。自分でも楽しみです。

しかし、韓国俳優ネタしつこいですね。
7/23 妄想3点盛り
携帯電話を胸ポケットにしまうと、ドキドキしてしまう。携帯電話の電波によって心臓のペースメーカーが狂ってしまうということがあるそうだからだ。いや、私は ペースメーカーを使っているわけではないのだけど、もしかして子供の頃に手術されているのではないだろうか、という妄想をいつもしてしまう。これは、男性なら 誰でも思ったことがあるだろうアレに似ている。男性の股からお尻にかけて線上に何やら手術をほどこしたような痕があるのだけど、これに気付くと「もしかして、私は 本当は女性として生まれたけど、手術されて男性に性転換させられたのではないかしらん」と嫌でも思ってしまう。って、他の人もそうだと思うのですが、どうでしょう? 幼年期に「自分は貰われッ子なんだ」と本気で妄想してしまうのと似ています。
7/22 シャドー
ボクシングをTV観戦した後、シャドーボクシングをしてしまうのは世の常だけれども、K-1をTV観戦した後にはシャドーK-1をしてしまう。ボクシングは手だけしか 使わないけれど、K-1ではこれにキックが加わってくる。このとき、ハイキックに挑戦して見事滑って転んだことのある人は挙手願います。

はいはい!(全国民の5%はいると思われ)
7/21 コリアン俳優とツール
昨日の日記に「韓国イケメン俳優」のことを書いたけど、彼らは本物なのね。今朝のTVでどっかのデパートで催された写真展で7000人の長蛇の列というのを 見てたまげてしまいました。ごめんなさい、私が間違っていました。しかしながら、「冬のソナタ」というコリアンドラマ以外の俳優さん達も注目を浴びているみたい だけど、実際にその7000人の方々はどこまで知っているのだろう?5割以上がペ氏目当てなのでしょうか。しかし、こうなるとベッカム→イルハン→ペ氏という 流れではなさそうですね。

録画していた「英雄たちの夏物語 ツール・ド・フランス」を昨日見ました。やっぱり彼らはかっこいいです。自転車競技がどんなものかよくわかっていないにも 関わらず、面白いです。とりあえず、日常で自転車に乗っている人はツール・ド・フランスは見るべき。なんでもない自転車通学・通勤が面白くなりますし、 キツイ坂道も果敢に挑戦したくなるはずです。
後半戦の総集編が8月1日の深夜に放送されるので、要チェックです。
7/20 ネタなし
駄目だ、ネタがない。携帯電話のメモ帳にも、会社からネタを思いついたときに送る「ネタ」メールボックスにも、ノートPCのネタテキストファイルにも何もない。 いや、ネタテキストファイルにはあるにはあるのだけれども、使えそうなネタが全くない。仕方ないので、その一部を書いてみる。

・ふと口笛
これは、仕事をしている時など、ふと気がついたら自分は口笛を吹いてしまっていることがあるのではないか?という心配をネタにしたもの。好きな音楽や 最近気になっているCMの歌などが頭をリフレインしていることがありますが、無意識に口笛にしてしまっており、周りの人達はあえて突っ込めないでいる のではないか、という妄想です。いや、妄想ではないかも。ちなみに、今私の頭を支配しているのは「ポケットモンスター」の主題歌です。子供に付き合って 最近見ているけど、あなどれません。このネタ、一度出したような気がするので、書けないでいました。

・エレベータの夢
これまた、一度ならず二度くらいは出しているっぽいので、自粛していたネタ。エレベータアクションの夢ではない。私にとってエレベータは恐怖の象徴であり、 いつもエレベータのロープが切れてしまうのではないか、という妄想をしています。そのため、夢でエレベータに乗ると必ずと言っていいほど、ロープが切れて 落下していました。しかし、一度何かの本でエレベータのロープが切れても、ブレーキが付いているので、落下死することはない、というのを読んでからは 夢でもブレーキが掛かって助かるようになった、というネタです。このネタ、自分的にはすごく気に入っています。

・韓国人イケメン俳優ばっか

韓国のイケメン俳優が注目を浴びているみたいだけど、日本人のこと見てよ、でも、私はどっちにしてもブサイキーですからダメですよね。というネタ。 しかし、ワイドショーが過剰に放送しているだけで、実際に韓国イケメン俳優に対して眼がハートな人って大していないんだろうなぁと思っているのですが、 いかがなものでしょうか?ヨン氏だって、大したことないじゃん。鈴木保奈美が「東京ラブストーリー」でかわいく見えるのと一緒で、 ドラマを見ればみんな素敵に見えるものですよ。ということは、私もドラマに出れば・・・(カーン)。

というようなキーワードがありました。にんともかんともです。けど、これを書いた直後にネタが3つほど思いつきました。ラッキーです。
7/19 カバーをする人
昨日の「カバーをする人」というネタの内容を思い出しました。昨日の日記には「かなり面白い!」と書いてしまったのですが、そこまで面白くなかったです。 友達から漫画をよく借りてくるのですが、この友達は漫画についている帯を取らないのです。これがとても邪魔だ、という話です。私は漫画や小説を買うとまず この帯を外します。邪魔で仕方ないし、カバンに無造作に入れると帯がグチャグチャになってしまうのが物凄い嫌なのです。こういう本の帯以外にも新しい テレビのリモコンや新車のシートについているビニールをいつまでも取らない人の気がしれません。汚れるからという理由でしょうが、すでにそのビニールが 汚れているわけで、それをつけたまま使っている気がしれません。これはよくあるネタなのだけど、やはりそういうことをする人は未だにいます。でも、これだけ は言っておきます。自分がそういうウジウジした行動が嫌だからと言って、勝手にビニールを取ったりしないほうがいいです。ちょっと仲悪くなりますよ。

明日の朝2時43分から「英雄たちの夏物語 ツール・ド・フランス」が放送されます。要チェックです。
7/18 メモ
しかしながら、最近の暑さったら何だ。危うく子供の名前に暑子って名前をつけそうになっちゃうくらい暑いです。
それはともかく、先日購入した携帯電話には今までなかった「メモ帳」機能という便利なものがついており、日記の小ネタを思いついたらここに 記録するようにしています。「音声メモ」機能で自分の声を録音するのも手っ取り早くていいのですが、先日の「女子高生のスカートの丈」のネタを思いついた 時にこの機能を使って録音した、「女子高生のスカートの長さ」という自分の声を聞いて、ひどく自分のことが変態チックに感じて、これを利用することは封印しました。 それはともかく、今日の朝にメモ帳に書いたばかりの「カバーをする人」という短文の意味が既にわからなく、混乱しています。朝メモしたばかりなのに、やはりこの 暑さで脳がやられてしまっているのでしょう。何をカバーしているのかちっともわからないです。思い出せることは、かなり面白い!と自画自賛して書いていたことだけです。 今度からメモするときは、しっかりと内容を文章にしてメモしたいと思います。しかし、謎です、カバーをする人って。
7/17 オヤジ宣言
ついに悟りました。自分が完全なオヤジだということを。2児の父ということだけでも、完全なオヤジなのですが、精神的にはまだまだ若いと思っていたのです。 今、全英オープンゴルフを深夜に放送していますが、これを見ていることだけでもオヤジ化していることに気付くべきでした。それはともかく、今日初めて自分のために 8本入りのビールを買ってきました。今まで、お酒に対して美味しいと思ったこともほとんどなかったし、飲むとしても飲み会などみんなでワイワイするとき以外は お酒を飲みたいと思わなかったのですが、今回ついに自分ひとりでも酒を飲みたいと思ってしまいました。これは最近の猛暑がそうさせているのかわからないですが、 完全にオヤジです。夕方にシャワーを浴び、刺身と空豆をツマミにビールを飲んで、今とてもいい気分であります。お酒、やっぱり大人になると飲むようになるのですね。 中学生のころなんて、絶対自分はお酒を飲まないと思っていたのになぁ。人間って変わるものですね。
7/16 アイスメン
実は月曜日まで5連休を取っており、この日記を書くのがかなり面倒っちいと思っている管理人です。どうにも、休日に自分の部屋で日記を書くということは 面倒以外の何モノでもないのです。

それはともかく、私の幸せな一瞬というのはこれまた前に書いたかも知れませんが、「冷凍庫に氷がたくさんある状態を見たとき」です。夏の氷って言うのは 最重要人物に他ならず、この人物がたくさんキープしているということに至福の喜びを見出してしまいます。しかし、逆に氷がない状態、これは悲しみというか 憤りの絶頂に達する瞬間です。家族と暮らしていると、絶対に誰か一人は確信犯的に氷を使うだけで作らない人がいるはずです。これはうちの奥さんなのですが その使っておくだけ使っておいて、作らない根性は理解に苦しみます。その辺について問い合わせてみても、「氷がなければないで、使わないからよい」などと 言う回答が返ってきたりします。わけがわかりません。ならば使わないで欲しい、とケツの穴が小さいと思われるでしょうが、私は思ってしまいます。とにかく、 気付いたら氷を作るべきなのです。とにかくガンガン作っていきましょう。
7/15 靴下
あれ嫌だね。靴下のゴムが思っていたよりもキツくって、気付いたらスネに痕が付いているのね。女の子はもしかしたらわからないかもしれないけど、 スネ毛にマッチしてなんか地味に痛いのよね。ゆるゆるよりはいいけど、キツ過ぎるのも考えものだね。ドーナツは作りやすいけど、いい大人がドーナツ作らない からね。私の小学生時代は普通に女子がドーナツ作っていたっていうのは内緒の話だね。

しかしながら、足についてしまった痕を手で触るとちょっとだけ幸せな気分になるのはなんでだろう。
7/14 枝豆の食し方
私にはどうにもアンビリバボーな出来事がある。
この出来事は枝豆にまつわる話だ。枝豆大好き人間はこの日記を読まないほうが、もしかしたらよいのかもしれない。
私がそのことに気付いていたのは高校生の暑い夏のことだった。私の家には祖母の妹から毎年、採れたての枝豆が届いているのだが、 この枝豆にはひとつの秘密が隠されていた。 いや、この枝豆に関わらず、世の中に出回るすべての枝豆にはこの秘密は存在している。このことは、おそらくすべからく人に伝わっている話なのだと思われるが 私が信じられないことに、皆はこのことを無視するのだ。枝豆にまつわるひとつの秘密───

そう、彼らには「幼虫」が内包している危険性がある

いうことです。私は枝豆をむしゃむしゃといつものように食べていたのだけれども、何やら虫の知らせを感じたのでしょう。口に入れて噛む前にふとそのビーンズ を口から出して見てみると、いるではないですか、虫。危うく食べてしまうところだったではないですか。私の住んでいるところは千葉という田舎ですが、 虫を食すという習慣はないので、参りました。それ以来、たけし軍団のつまみ某を食すときは、一度手の中に本体を出してチェックしてから食べるという なんとも男らしくない食べ方をしているのです。昨日だって久しぶりに食べたこの夏の一発目の枝豆の中にも幼虫が巣食ってましたからね。 とにかく、お気をつけアレ。よく見るとけっこういるですよ。
7/13 マナーモード
今、帰りの電車の中、ズボンのポッケにいれた携帯電話がブルブルと震えている。これをどうしたらいいものか。 電車の中での携帯電話の使用はマナー違反である、というのがあるけど、実際どうなのでしょう。問題なのは心臓のペースメーカーをしている人が満員電車でいた 場合に、胸近くに携帯電話があるとペースメーカーが誤作動してしまう、ということなのだけど、この状況は極めて稀なわけです。 どうして、電車の中で携帯電話を使用していると、イラッと来てしまうのでしょう。やはり携帯電話は今では一人一台な勢いだけど、最近の新しいモノといえば、そうで あるので、流行のものに乗っかるというのは気恥ずかしいということから、なんとなく使用者は罪悪感をおぼえ、使用しているのを見るとやれやれと思うのでしょう。 また、公共の場で携帯電話をすると周りがうるさいためか、声が大きくなってしまうのも人の迷惑になってしまう原因であり、周りに気遣って小さな声で話すという ことを認めてもよいところまで来ているのではないか、と思うのです。
決して、私がこの文章を書いている最中にずっとなり続けている祖母からの電話に出たいから 言っている訳ではないのです。これから、こんな時代なわけだから、マナーのことももっと考えていかなければいけません。電車でバカ笑いをしている 集団よりもよっぽど迷惑ではないけど、どちらかというと携帯電話を使っている人のほうがマナー悪く思われる世の中は変わりますかね。まぁ、私も今でも 携帯電話を電車の中で使われると嫌な気分になるんですけどね。
7/12 シュール日本代表
この度、シュールでGO!はシュール日本チャンピオンに輝きました。というのは、強力な検索サイトであるGoogleで「シュール」という検索単語を使って検索をかけると どうも1番目に表示されるようなのです。ただし、一世代前のURLが1位になるのが悲しいところ。Googleの検索エンジンで上位に食い込むには人からリンクされている度 が高いというのが重要なんですって。リンクしてくれている方、ありがとうございます。 リンクしてくれている方で、リンクのURLを未修正の方は、修正していただけると嬉しいです。しかし、「シュール」を求めて このページに飛んでしまったとしたら、それはもうプンプンでしょうね。シュールなネタを盛り込まないとね。
7/11 スカートの丈
最近の女子高生のスカーティングの丈は昔のそれと較べて、あまりにも短い。これに関しては、5年前くらいまでは「けしからん」などと思っていたものですが、 時代がそうさせているのだろうし、今となったら別にそのことはどうでもよい。むしろ、スカートの長い女子を見掛けると、「うわあ」とちょっとだけ思ってしまうくらいです。 ふと思いついたのは、このご時世であるから、スカートの短さというのは、売っている状態で既に短いのでしょうか。合理的に考えれば、90%の女子のスカーティングは 短いのだから、はじめから短くして売っていても何も不思議ではない。昔は校則が厳しく、腰の部分を折って短く見せていたようなのだけど、今もそうなのでしょうか? やはり、学校指定の学生服なのならば、学校側がその辺はコントロールできそうだから、やはり教育側という手前 別に毎日スカートのこと考えているわけではないので、誤解しないでください(って書いたほうが怪しいですね)。
7/10 ならぶ
ラッシュ時の駅のホームから改札に向かう階段に関する考察。
私の利用している駅もそうなのだけども、ラッシュ時に降車する人が多いため、ホームにある階段も混雑します。自然と人の列は階段に対して真っ直ぐできます。 ここで問題なのが、ホームのど真ん中で降りたときなど階段の向きとは逆の側にいる人だ。この人達は、スルスルと階段の端から入ってくるわけなのだけど (わかりにくくて申し訳ない) これがもし何かのレアチケットを買い求める人の列だとしたらとんでもない話になる。自分が損をしないとなると人は協力しだすのか。
7/9 キシリトールガム
ロッテのキシリトールガムに新しい色(味)が出ました。パッケージが灰色でストロングミント味ということです。私は、青色のミント味の愛噛者なのだけれども、ものめずらしいので 買って食してみた。うん、普通のミント味。それはそれでよいのだけれども、この灰色はどうも、青に較べて5分ほど噛める時間が短いようなのです。 これは私の気分なのかもしれないのだけれども、そうなのです。お試しアレ。だが忘れてはいけない。貧乏人は青だ。
7/8 機種変更
7/2の日記で書いた、「premini」という携帯電話を入手しました。機種変更で1万円未満だったのでうっかり買ってしまいました。 小さいのが一番です。あまりの小ささに受話口を耳に当てると、しゃべる部分(なんていうの、これ)が口のところまで来ないのだけど、通話も問題ないようです。 ただ、問題なのが、前に使っていた携帯電話はメールもiモードとやらもできなかったので、これらの2つの機能をまったく使いこなせないということです。 誰か教えてください。早く着信音を「CTUの内線」に変更したいです。でも、マナーモードにするだろうから、意味ないのですけどね。

携帯をポケットにいつも入れている人で、着信音を全開にしているような人は、少なからず人にその着信音を聞いて欲しいという願望があると思う。 私も「CTUの内線」の着信音にしてしまったら、そうなってしまいそうで怖いです。いつも私は携帯電話をポケットに入れているため、 自分の携帯からは、もう何年も着信音なんて聞いていないです。ところで、お尻のポケットに携帯電話をずっと入れている人は、子種が減るそうですね。 なんかの学者が言っておられました。本当かしら。
7/7 ミッション・コンプリート
無事、生まれました。
7/6 自転車ネタ
私は自転車乗りだが、スロースターターであります。漕ぎ出してからスピードに乗るまでしばらく低速で走ります。任天堂のエフゼロでいうところの金色のマシンの それと同じです。ですから、信号などで一旦止まると、後の人に抜かされることが多いのです。しかし、そのとき私の顔は軽い笑みに包まれています。 そう、スロースターターではありますが、スピードに乗ると普通の人よりはスピードが出るのです。ですから、すぐに私を嘲笑って抜いていった自転車を抜き去るのです。 マラソンでも短距離でもF1でも人を抜き去る快感っていうのはありますよね。それは日常の自転車に見出している私は痛いヤツなのです。
しかし、一度抜き去った相手に抜き返されるのって屈辱ですよね。

たまに、本物の自転車レーサーに勝手に勝負を挑みますが、まったく勝てる気配もありません。ママチャリの全開は彼らのウォームアップに過ぎません。くそう。
7/5 彼がやってきた
先日の日曜日、私は彼を待っていた。彼は朝の8時45分に家のすぐそばまでやってきていたのだが、寝ぼけ眼であったために、私は彼を逃してしまったのだ。 その後、彼に似たヤツがやってきたが、何やら金を奪われるような気がしたので、私は慎重に隠れて本物の彼が来るのを待った。もう今日は彼は寄って来やしない、 朝に逃してしまったのが大きな間違いだった、と思ったその矢先、彼がやってきたのだ。

「いらなくなった黒色カラーテレビ、パソコンなどございましたらお声をお掛けください。動かなくてもケッコーです」

彼とはそう、日曜日に町内をクルクル回って、テレビなどを集めている回収のおっさんのことです。前の日に完璧にテレビが映らなくなってしまったため、 捨てたかったのだけども、普通に捨てるとリサイクル法だかなんだかでお金が掛かるということなのでおっさんを待っていたということです。 あれ、本当に無料なのね。なんくせつけられてお金を取られると思っていたけど、そんなことないのね。いや、おっさん、ナイスプレー。 いらなくなったパソコンのディスプレイも便乗で持っていってもらいました。いや、感謝。って、おっさんは回収することでどれくらい儲かるのか すごく気になります。

完璧に動かなくなったテレビだけども、それまでは画面の調子が悪くなると、のび太のママよろしく、斜め45度からの張り手を打つとで画面が映っていました。 今更斜め45度って。でも、本当に映っていたのだから笑える。
7/4 低サラリー
先に言っておきますけれども、小生は薄給取りです。だからこういうわけです。

・プリングルスは買うな。100円シリーズのポテトチップスを買え。どうしてもプリングルスが買いたいならチップスターを選択せよ。え、それもだめ? じゃあ、ポテコで代用。指につけて遊べるから一石二鳥だよ。
・デニッシュ生地の食パンのサクサク感が好き?ありえないよ。フツーの何の変哲もない食パンで。8枚切りにしなさいよ。
・飲み屋でウーロン茶を頼むな。水を頼め。
・ラーメン屋でチャーシューメンなんて頼んじゃ駄目よ。普通のラーメンで勝負するのが通だよ。
・映画観るなら前売り券を求めよ。
・ヤクルト買わずにピルクル。
・10円ではない今の麩菓子はもう買わない。

うーん、オチつきません。そんな日曜日。
7/3 素材屋トーク
現在は、無数の素材屋が乱立している、というようなことをいつかの日記で書きました。それでは「世の中で一番有名な素材屋は?」 と聞かれたら、あなたは何と答えるでしょうか?この素材屋戦国時代においては、もしかしたらここに来てくれている人は「シュールでGO!」などと 答えてしまう内向的な方もいるかもしれないけど、これは間違いです。前にやっていたアンケートでは、ここを"世界で3本の指"と答えてくれる 有難い人がたくさんいましたが、それはこのHPでアンケートを募集しているからで、別サイトに行けば、そのサイトが3本の指に入ることでしょう。 有名な素材屋、というものを決めるバロメーターはやはり、どれだけ日常で目にする素材を輩出しているか、ということになると思います。 残念ながら、私が自分の素材にネットサーフィンをしていて偶然見つけたことはまだ数えるほどしかない。おそらく、よくみる素材は「ぱたアニメ分室」 「ぱたぱたアニメ館」「ホームページのおもちゃ箱」や「牛飼いとアイコン」などありますが、最近ではもはや、それぞれの人がお気に入りの素材屋を 持っているような気がします。それに、自分で素材を作ろうとする人も大量にいます(私もそうでしたが、はじめはやはり自分のHP用にアイコンなどを 作って、しばらくするとそれを素材屋として公開したくなる場合が多いようです)。
どうにかして、自分の素材をどこにでもあるような状況にしたいのだけど、こういう世の中だから諦めるしかないのかもしれない。
そんなこという前に新作をもっと作れっていう話ですよ。

しかし、あまり気にならないけど、「素材屋」って言葉はすごいですね。けっこう定着しているけど、素材配布サイトだから素材屋、日記サイトは日記屋かっていう話ですよ。 検索サイトは検索屋だし、ポータルサイトはポータル屋。ラーメンの情報に特化したラーメンサイトなんてラーメン屋ですよ。あ、今ちょっと面白いこと言った。

管理人が「ワイはサル、ワイはサル」って言っているサイトはワイはサル屋、プロゴルファー猿屋。あ、余計なこと言った。
7/2 携帯電話
今でこそ、みなの必需品となっているものの、私は携帯電話というものを持つのが嫌でした。 当時、携帯電話を持つというのは時代のトレンドであり、そういった風潮に乗っていくということが嫌いでしたし、そもそも持つ必要はなかったのです (あー、そうです。友達少ないです)。 といっても、私が携帯電話を初めてある事情により持ったのはだいぶ遅く大学の友達は皆持っている、という状況でしたけど。
そんなわけで、私は携帯電話には愛着はまったくなく、現在持っている携帯電話はDocomoのシティフォンというiモードもメールも付いていないもので、 使い続けてそろそろ5年(もしかしたら4年)になります。そろそろバッテリーがイカレ始めており新しい携帯を取得する時期が近づいているというわけです。 そんな私が次に目指したのはDocomoの「premini」という携帯です。
こいつは私の小さいモノ好き魂に火をつけてくれる手のひらサイズの携帯で、カメラもiアプリも使えないという時代に逆行したものなのです。 小さいもの好き。カブキモノっぽいの好き。しかし、もしこれを買ったとして、次に携帯を買い換えるのは5年後かな。。。7月1日発売だけど、買うのは安くなった頃かな。 そうやってまた買い替え時期が延びる。
7/1 スイミン
睡眠時間。これは私の生活にとって重要な要素である。睡眠時間を多くとれば生活時間が減るし、生活時間を多くとれば睡眠時間は減ってしまう。 私は基本的に睡眠時間は多く取らなければいけない人間である、と思っていた。小学生の時は8時半には寝かされていたし、高校生の時は中学生の妹よりも早く 眠っていた。今では子供と共に10時ごろに眠ってしまうことも多く、平日は基本的に8時間以上は睡眠を取っている。しかし、これは勿体無い。会社の同僚などに 聞いても、そういう人は少なく、深夜テレビを見たりして、寝るのは1時とか2時くらいなのが普通だ。 今の私は人間の限られた人生の中で、損をしているのではないか、と思う。寝るという行為が無駄とは思わないのだけど、やはり起きて何かをしているほうが 有意義だ。こうなったら徹底的にレム睡眠、ノンレム睡眠を分析して、短くても快眠方法を習得したい。実際、3日前は5時間くらいの睡眠だったが 8時間寝た一昨日よりも寝覚めがすこぶるよかった。その内、レム睡眠だかノンレム睡眠だかどっちかわからないが、寝覚めがいい方のときに起こしてくれる 目覚まし時計ができることでしょう。早く出して。

ちなみに昨日も5時間睡眠だったけど、寝覚め最悪。眼が「3」でした(のび太のメガネを取った状態)。