〜これからは更新していきたい個人的日記2004〜


最新の日記

9/30 兄者〜!(せんだみつお)
NHKで昔に放映されていた人形劇三国志をご存知の方はいるでしょうか?
谷隼人が劉備、森本レオが孔明、せんだみつおが張飛の声をやっているアレです。 今話題の食玩で、人形劇三国志の小さい人形がついているのがあるのです。すっごい良い出来です。出来杉くんです。 ぜひお探しあれ。私は ヤフーオークションで手に入れてしまいました。

このHPに来る層を考えると、人形劇三国志を知っている人は少なそうですけどね。

人形劇三国志人形オフィシャルページ:http://www.horico-web.com/sangokushi/
9/29 優雅な朝食
今日"も"汚い話です。 その日、朝から吐いてしまいました。
風邪をひいていたわけでしたが、目が覚めるとノドの痛みも治まり調子が割と良くなりました。 通常通り、パンに紅茶という食事。この日はそれに加えてコーンポタージュスープなども食しました。パンを2口くらい食べたあとに なんとなく、パンを裏返してみると、、、黒い物体。まっくろくろすけ。そう、カビのコロニーが出来ていたのです(コロニーの意味はわからない けど、ちょっと使いたかった)。どうも、状態から見ると私はカビの一部分を食べているみたいでした。鼻が詰まっていたからか、そもそも そのカビは無味なのかわかりませんが、味はまったくしなかったのです。すぐさま、口に残っているパンをペッと吐き出したものの、時既に 遅く、星のカービィたちは、私の体内に侵入しているようでした。吐かなければ、と思いトイレに行ったものの、もともと無味だったので、 うまいこと吐けず、嗚咽だけが空しく響き渡りました。どうしたものかと、もう一度食卓に戻り、そのパンとカビをもう一度見た瞬間に来ました。 そういうことです。

とにかく、雨が続いた日は気をつけないといけない。部屋がムシムシしているのも気をつけないといけない。そもそも賞味期限が過ぎている パンを食べてはいけない。
という教訓を得ることができました。しかし、何気なくパンを裏返していなかったら、そのまま食べていたに違いない。 怖ろしいですね。怖ろしいですよ。
9/28 現実非現実
この日記を読んでくれている人は、私の妄想レベルを知っていると思いますが、こういうのはどうですか?
トイレットで用を足している時に、あなたは夢か現か区別できるでしょうか?もしも、夢の中でウンポスをはばかっていたとしたら、ちょっと危険です。 先日見た「イノセンス」というアニメも仮想現実と現実の区別がテーマのひとつであったけれども、実際、夢の中でこれは夢だ!と知覚するのは けっこう難しかったりもしますね(私は子供のころ、怖い夢を見たときには強引に眼を覚ますという技を持っていましたけど)。あなたはトイレで用を足している という現実味のある夢を見ているのかもしれないのです。怖いでしょう?で、私はそういう妄想をしたときには必ず「TOTO」のマークを探します。 夢ならば、いちいちベンキにTOTOのマークなんてついていないだろう、というわけです。TOTOを発見すると安心して用を足せるってものです。

大人になってから、夢の中で"キバる"ということが何回かありましたが、大丈夫なものですね。子供のころだったら確実に茶色かったはずですよ、パンツが。 大人ってすごいネ。すごいよ。
9/27 体調不良
やってまいりました、風邪の季節が。脆弱な私は真っ先にやられてしまったようです。
鼻水大王ですよ。鼻水をかむという行為にのみ、コスモ(小宇宙)を燃やしていますもの。

「ヴァン・ヘルシング」のCMを見て、しつこく「ヴァン・ヘルシーング!」と言っていた人、挙手願います(はい)。
今、なんとかっていうヒーローものの新作映画のCMが良く流れていますが、そのキャッチコピーが「スパイダーマン、エックスメンに続くニューヒーロー」という ようなものなのですが、私の脳内にいるお子様がうるさいのです。

「ママ、デアデビルは?ねぇ、デアデビルは??」と。

きっと他にもいますね。超人ハルクとか(このネタ、絶対どっかでかぶっていそう)。
9/26 Moon
あああ、ムーンが・・・ムーンがあああ!
気付いたら、先日作ったムーンストラップが、付いていたはずの携帯電話に付いて いなかったのです。どこを探してもないし、もうすごい寂しいです。なんか500〜1000円を落としてしまった気分です。彼にはそんな価値があったのか。
今日出掛けたビデオ屋までの道を戻って探してみたのですが、まったく気配すらなく、恥ずかしげもなくビデオ屋で「青いキーホルダーみたいの落ちていませんでしたか?」などと聞いてしまった位です。「なんだこいつ?」みたいな顔をされてしまいましたよ、店員に。

不死のゾッドがやってきて「・・・あれは必ず お前の手にもどる あれは・・・ そういうものなのだ」とつぶやいてくれたら良いのですが、そんなこともなく。 私は本物の持ち主ではなかったのかもしれませんね。ああ、もしかして拾った人がいるのならば、大事にしてやってください。さようなら、ムーン一号。

ちなみに昨日またムーンを二つ作ったんですけど、前の出来には敵いませんでした。
9/25 MLB
イチローが今すごいことをやっていますね。野球に興味のない方にはつまらない話題かもしれませんが、イチローはメジャーリーグのシーズン最多安打数を 更新しようとしています。もう、すごすぎ。いつも11:00くらいから彼の出る試合があるのですが、ついつい仕事中にも結果をチェックしてしまいます。というか、 仕事中の楽しみってそれだけですもの。だから、イチローの試合が終わると、もうその日はおしまい気分ですよ。そういう人は何気に多いと思うのですよね。

ちなみに私の友人は今度子供が生まれるのですが、男の子だったら「イチロー」か「ヒデキ」にすると言っておりました。

イチロー効果で今とてつもなく草野球がやりたくなっています。すっごい下手なのにね(ネタ参照)。
9/24 BIG MUFF!!!!!!!!!!
行ってきました、初ライブ。先日は初お笑いライブでしたが、今日は三軒茶屋にあるHEAVEN’S DOORというライブハウスで、初音楽ライブでした。 このHPがきっかけで知り合ったえいみーさんが管理しているインディーズバンドHPのBOMB SHOPというバンドを目当てに行きました。
しかしながら、初の音楽ライブには、のっけから面食らってしまいました。なんですか、あの大音量は。まず、心臓に響きましたよ。ライブに行ったことある人なら 当たり前なのでしょうけど、初心者の心臓は、もう止まりそうでしたよ。音の衝撃波っていうのがあるのは知っていましたけど、心臓にだけ響き渡るのですよ。 絶対、心臓弱い人は倒れますね。初めは一番後ろで聴いていたので、心臓だけでしたが、BOMB SHOPの出番になり、前の方に行って聴いていたら次は 耳。ライブ終了後3時間経っている今でも耳鳴りがすごいです。とにかく、ライブっていうのは人間の身体をどうにかしてしまうパワーの塊です。
で、BOMB SHOPのパフォーマンスですが、やはりよかったです。MP3を何曲か送ってもらっていたので、曲が素晴らしいことは知っていたのですが、 月並みですが、やはりまた良いです。恥ずかしながら、身体を軽く揺らして聴いていました。また、今度聴きに行きたいものです。

で、今回のライブのもうひとつの目的は、前述のえいみーさんと、これまたインターネットで知り合った さくらんさんに会うこと。えいみーさんとは、ライブ前の1時間程度でしたが、お茶+食事 してきました。やっぱりキレイな方でした。漫☆画太郎好きとはまるで思えないほどのレデーでした。僕が微妙に緊張して空回りしていたっぽいですけど。

さくらんさんはライブの始まる30分前くらいにいらっしゃったので、あまりお話できませんでした。やはり、さくらんさんは、さくらんさんでした。何枚かさくらんさんの 写真を見せてもらっていたのですけど、その写真はいつも面白ポーズをしていたのですが、本物もやはり面白い人でした。面白ポーズの写真は素だったというのが よくわかりましたよ。テンション高いし、ずっと笑っているし。

お二人には、例のジョージストラップを差し上げたのですが、喜んでくれてありがとう。また作る意欲がどしどし湧いてきました。また会える機会を楽しみに しております。

ライブでは、大量にデジカメで動画を撮ったのですが、これを使って今度ボムアイコンを作る予定です。
9/23 日記断絶?
どうにもこうにも、しばらく勤務地が変わりそうです。このことでここの日記の更新が途絶える可能性が出てきました。前々から書いていますが、 私は千葉のあるところに勤務しており、電車は下りなわけで通勤の行きも帰りも電車に座れるので、その時間を利用してこの日記を書いているわけで、 家に帰ったら日記を書く力は残っていません。ですので、次の勤務地は一時的なのかもしれないのですが、鬼のT線を利用しなくてはいけないので 電車の中でパソコンを広げる隙間などないのです。毎日が筋トレになるというわけです。満員電車の中でつり革に踏ん張って、全く踏ん張らない人を 陥れることだけを考えて通勤しなくてはいけなくなりそうなのです。

はてさて、どれくらい持つことやら。こうなったら、今まで意識してあまり出してこなかったマイホームパパネタで攻めて行くしかないかもしれません。 あ、満員電車でどれだけマッチョになるか、という企画でも発動させようかしら。
9/22 お笑い界
先日にも書きましたが、初めてお笑いライブを見に行って、笑いと言うものは簡単なものではない、というかかなり厳しい世界だ、というのがわかりました。 こなれたライブさばきを見せても、それはまた笑いとは違うし、面白いことを言っていても、ライブに慣れていないと客を笑わせるのも難しかったりします。 TVでつまらない芸人が出ているなぁ、と思うことはよくありますが、それでも彼らは底辺から着実にTVの世界に上がってきた人達であり、ただ自分にはその笑いが 合わないだけで、きっと面白いのだと思われます。ライブさばきを身につけなくてもナントカやっていけそうなピンで「あるある」ネタ をやる芸人さんは、売れるには一番早い選択のような気もしました。つぶやきシローとか長井秀和とかヒロシ(ですよね?)とか。 茨城だか栃木の女ピン芸人のを前にTVで見たけど、その人も面白かったなぁ。でも、長井秀和は売れるまで相当時間掛かった ですしね。。。

しかし、先日のお笑いライブは、年配の方が多かったですよ。実に多かったです。みな、応援されているのですね。

そうそう、あとは26組もいたので、ネタがかぶるのもけっこうありました。印象的だったのは北島康介の「超気持ちいい」と南くんの恋人のかぶりでした。 北島康介はわかるけど、南くんの恋人って。ちなみに、一番面白かったのは、最後の余った時間(得点集計中)に誰かがやっていた「ドカベンの里中が 打たれた時のモノマネ」でした。
9/21 雑多
道を歩いていて、特に急いでいて早歩きの時に、道端に流れている音楽のテンポと自分の歩調がいやにマッチングしたときは、なんだか恥ずかしいです。
ちなみに、このネタは携帯電話のメモ帳に書いてあったのですが、「はやあるきで音楽」というメモでした。初めなんのことやら、でした。

古い、ネタのストックに「星野さんの関口ひろし化には目に余るものがある」というのがあります。ピンとくるでしょうか。星野さんといっても、「星野さん車は?」 「あ、いけね」のCMでお馴染みの自動車ドライバーの星野さんではなく、元中日・阪神の監督の星野仙一氏です。あの髪の毛をほんの一部分を白髪にする ヘアスタイル、あれ誰が考えたのでしょう?そして、人はどういう精神状態であのヘアスタイルにしてしまうのでしょう?私はこのことを考えるといつも眠れなく なってしまいます。しかしながら、ここ何年も快眠です。
9/20 なんとなく映画の話をしたくなる
このページには、映画の感想を書くコーナーもあったりしますが、どうにも更新されていません。昔から読書感想文が大の苦手だったように、映画の感想というものも 書くのがかなり大変だったりします。更新が途絶えてからもそれなりにビデオであったり劇場であったり 映画を観ているのですけれども、大して気の利いたことも書けないので限界というわけです。

そんな私が今見たい映画は「LOVERS」「バイオハザード2」です。「ハリー・ポッター」はなんだかんだで前2作は劇場で見てDVDも(奥さんの趣味で)持っているの ですけど、もはや見る気力はありません。小説も同じくなんだかんだでこれまで読んでいたのですが、面倒で手をつけていません。もう面倒くさい人間になって しまったようです。他にも、「華氏911」など話題作がありますが、困ったことに、頭を空にして見れるようなアクション映画しか私の眼には映らないのです。 本当はこの辺でミニシアター系の映画でも紹介しておけば、クールなガイなのでしょうけど、もうダメなのです。お疲れなのです。
先日、なんとなくまた「アンブレイカブル」を見たくなってレンタルしてきたのですが、吹き替えで見てしまったくらいです。もう何もこだわりはありません。映画オタクを 目指していた大学生時代がほのかに懐かしい。

しかし、「バイオハザード2」は楽しみです。前作の続きというのは私のハートをホットにします。「28日後...」(数字間違えているかも)という ゾンビ映画がまさに「バイオハザード1」の続編みたいな話だったのだけど、それとはどう違うのか、きっと「28日後...」のことだって意識しているはずなので、楽しみ なのです。きっと、「トゥームレイダー」のように1は面白くても2はつまらないオチなのでしょうね。

だらだらと、映画話続きます。たまにはいいではないですか。今レンタルで熱いのは「スクール・オブ・ロック」ですね。この作品はきっとですが、どんな年代にも 受けるような気がします。主演のジャック・ブラックはかなり良い役者です。キテいます。見るべし(私もまだ見ていませんけど)。

※ この文章書いた後に「バイオハザード2」を見に行ってきました。「トゥームレイダー」よりはよかったです。2とあって、ゾンビ色は多少薄れていましたが、 ゾンビホラーっていうのは、お決まりだけどドッキリしてしまいます。6.5点というところでした。満足。
9/19 Building
今日はついにここのホームページがきっかけで知り合った人と初めて会うというわけです。インターネットがきっかけで人に会ったことは、実は 何度もあったりしたものですが、このページがきっかけというのは初物なのです。今はホームページがなくなってしまいましたが、THEE BUILDINGの軍次さんとツルハシ さんに会います。会うといっても、ただ酒を飲むというものではなく、彼らが出演するお笑いライブに行くというわけです。行ってしまうというわけです。

なんだかかんだか電話をした様子だと自信満々だったので今から楽しみです。彼らはそのホームページで独特なお笑い動画を公開していたわけですが、 あの笑いは普通の人に理解されにくいものだったので、どうなるか、どう成長しているかがポイントです。というわけで、今会場のある駅に電車で向かっている最中 です。ワクワクさんです。

今帰りの電車です。ライブ終了後、飲んでギリギリ最終電車に乗り込んだところです。本日のビルヂング。やや滑り。
徹夜明けだったとかで声が通っていなかったのが致命的でした。笑いのポイントもいくつかあって笑い声も起きていたものの、全体的にわかりにくかった感が あったのは否めません。それでも、彼らのコントを初めて見られて嬉しかったし、よかったです。
しかし、全部で26組もの芸人さんたちがライブをやっていたのだけど、多いですね、芸人さん。一組3分という持ち時間で、一組のやっている時間は短かった のだけど、それが26組もあると疲れました。中には相当面白い芸人さんもいて、はじめてのお笑いライブだったのですが、それなりに楽しめました。これから 世に出る芸人さんは何組いることでしょうか。その中にビルヂングも入って欲しいですね。簡単な道ではないけれども、がんばってください、ビルヂング。

はじめて会ったビルヂングの印象。いつも彼らの動画を見ていたし、電話もたまにしていたので初めて感はあまりありませんでした。軍さん、酒弱すぎ。 ツルハシさん、帽子似合いすぎ。

次にまたライブがありましたら、このページでも告知します。みなで一緒に応援しに行きませんか?
9/18 こんな日記にしたかった
今や毎日当たり前のように日記の更新をしているのですが、そもそも、この日記は素材屋ならではのものにしたい、というのが当初ありました。 「今日作ったこの素材は、ムーンウォークの動きに非常に手間取ったけど、マイケルのビデオを何度も見て、なんとか作ることが出来ました」というような 素材作成記や、「どこそこのアイコンは非常にためになる。特にマイケルの腰つきは秀逸だ」などといった他サイトの批評日記にしたかったわけです。
しかし、ご覧の通り、6/14からの3ヶ月間も素材の更新は為されておらず、また他人のアイコンを批評できるほどの腕も持っていないので、 そんなものは書けるはずも無いのです。そして、こういう意味もなく妄想だけが詰まった日記ができたとさ、おしまい(休日のなげやり日記キター)。
9/17 みんなの日記
このくだらない日記を読んでくれている貴兄は、一体全体、何個のWeb日記を読んでいるでしょうか?
インターネットを使っている人はおそらく自分のお気に入りのWeb日記というものがあると思っているのですが、これはただ私が自分の基準を 当てはめているだけなのでしょうか。こんなこと巷でうっかり言ってしまったら、オタッキーという烙印を押されてしまうかしら。でも、この日記で 書いても、これを読む人はそういう人種なのだろうから安心しています(前置きシツコイ)。

いつも覗いているお気に入りのWeb日記。私は5個くらいあるのですけど、週末ともなるとうっかり見逃すことがあるのです。平日は仕事場の PCで見ているので、、、、ってサボっているみたいじゃないですか。あの、その、昼休み等ですよ。"等"の部分はあまり突っ込まないでください。
ともかく、見逃すことがあるから、過去にさかのぼってチェックしなくちゃ勿体無いよという話です。特に、本日分だけはトップページに置いてあるような 私の日記が危険ですよっていうことでして、つまり、見逃さないでくれ、と言いたいわけですね。まわりくどい宣伝ですよ。
9/16 電車ネタ Part10
電車の窓には、日除けがついています。例の上から下ろすタイプのヤツです。
この日除けを下ろすという任務には、なかなかコツが必要で、うまいこと左右を平行に下ろさないと、もたついてしまいます。 私はどうも上手いことできないと言うイメージが子供のころについてしまったようで、日差しがキツくても、日除けを下ろそう、という行動を 取る事ができません。

他にも、最近の新しい電車にはあまりないですが、窓の開け閉め。これもやはりコツがいり、子供のパワーではなかなかツマミを押すことが できないイメージがあります。これまた、もたつくのを怖れて、窓を開けようという行動を取れないのです。
しかし、最近の電車は冷房完備が当たり前なので、旅行をしたときに乗るような電車(というか汽車)でしかないパターンなので、昨今はそういった ドキドキ感は得られませんね。残念賞。

今日のポイント: そういう小市民っぷりってあるよね。
9/15 私と字
私の書く字はあまりキレイではないです。
ですから、字をキレイに書く人に対して尊敬の念を覚えてしまいます。書については、達人クラスの作品についてはまったく理解不能なのだけれども、 生活をしていて、キレイな字を書かれると、その字をいつまでも見ていたい気にもなる(ちょっと言いすぎ)。
こういう考えですから、ちょっと話が飛躍しますが、やはり女性にはキレイな字を書いていて欲しいのです。美人の女性が汚い字を書くと、なんだか 心まで汚いのではないかと思うわけでもないですが、イメージは多少ダウンします(それでも、美人と言う現実は揺るぎませんが)。
しかし、字のキレイな人は、なんで適当に書いてもきれいなのでしょうか。私は、がんばれば普通並の字を書けるという自負はあるのですが、 それでも、字のキレイな人の走り書きに負けたりするのです。
字がキレイな人はどういうわけなのでしょう?小学校の「書き方」の授業を一生懸命やったからなのでしょうか?それとも修学旅行で夜中に騒いで 漢字の書き取りをやらされたから上手くなったというのでしょうか。否、それはないです。キレイな人とキタナイ人の差を知りたいです。

ちなみに、字の汚くなる率の高いのは、大き目の封筒に宛名や住所を書くときですね。危険度9です。
9/14 あなたとトイレット
自宅以外のトイレで大をする行為。
これは小・中・高の時代では、あまり考えられなかった行為なのだけれども、社会人となった今では、もはや、そういう変なこだわりというものは ありません(ボク、こんなに大きく成長したよ、ママ)。しかし、ウンポスをするわけでありますから、少しでもキレイなところでしたいと思うのが人というもの。 問題は、たくさんの人が使ったベンキマンで用を足すよりも、あまり人が使ってないそれを使いたいという話です。大体、人は電車のイスでもそうですが、端っこ に行きたがります。それゆえ、真ん中のベンキマンは割と清潔なのではないかと思っているのですが、そこを狙ってくる人は何も私だけではないので、 一概にそうと決め付けるのも良くない。ちなみに私の勤めている会社のお花畑は、4つの選択肢があるのですが、一番人気は一番奥のウォシュレットとかいう 近代的なベンキ機能が唯一ついているヤツです。私も、ウォシュレットの機能を(外すのが怖くて)まったく使わないクセにそこに行ってしまうのです(便座アッタカ機能 がついているため)。
そこだけは鉄板だと思っているものの、あとのヤツの使用率はなかなか予想するのは難しいです。これが4つではなく5つであるのならば、端2つに真ん中の3つが 使用率高しというのはわかりやすいのですが、4つとなるとなかなか難しいのです。逆の端も人気ありそうですが、これは入り口に微妙に近く、またその隣は 用具入れがあるという条件なのです。
そこで、今回提案したいのが、この商品。あなたはパチンコ屋さんに足を運んだことがありますか?そうです、パチンコ台には、その日にその台に何回リーチが来て 何回大当たりしたのか、という表示があるのです。この商品はそのリーチ回数と大当たり回数をトイレでも表示させてしまうというスグレモノ。これさえあれば、 あなたはいつでも一番キレイなベンキにたどり着けるのです。

あ、今日はこのベンキは12回か、横は9回か。ん?でも大当たり8回じゃん!あぶねー。

というわけです。ぜひ、ベンキ会社の方は、この発明を商品化していただきたいと思うのです。何がリーチで何が大当たりかは、よくわかりませんが、 その辺は、適当に考えてください。私は、これ以上汚い話に関わりたくないので。
9/13 体重
最近、私の身体に何か異変が起ころうとしています。
私は子供のころから痩せ型で、これまでそのことをずっとコンプレックスに感じてきました。 しかしながら、現在の私の腹を見てみなさい。肉がのりまくりです。太ることに憧れていた昔の私ならば、肉がつくということに喜ぶかもしれないけれども、 この肉の付き方は本望ではないのです。現在、身長180センチちょいあって、体重は67キロです。これだけ見たら痩せ型ですし、実際、痩せ型に見られる のだけど、この腹はない。おそらく、女子高生に見られたら「ありえなくなーい?」であります。いや、まだまだダチョウクラブの上島氏や山崎ホウセイ氏 のような腹ではないにしても、こうやって少しずつ成長するかもしれないだろう、この勢力に私は恐怖を感じざるを得ないのです。
そんなときに私は、数ヶ月前にやっていた「あるある大辞典」の簡単ダイエット法を思い出したのです。ここ一週間近く、私はその腿上げを 家の中でひっそりと行っている。これは、腿をゆっくりとこれでもかというくらい上に上げるもので、たるんだ私にはけっこうキツく、 一日60回という簡単なものにも関わらず、既に腹が、毎日筋肉痛であることをここに記します。
しかし、この体重は何年も変わっていないのに、この腹の肉。どこから来たのかすごい不思議。

※ 注: 本当はムキムキマッチョのナイス・ガイかもしれないし、そうでないかもしれません。
9/12 身長
私の姿勢が悪いのは、この日本という環境がそうさせているに違いない。
私が住んでいるマンションは天井が低く、それゆえに扉なども低くなっています。180センチと少しある私の身長では、かがまないとぶつかってしまうのです。 生活しているところがそうでありますから、自然と環境に適用しようと身体は前かがみになってしまい、姿勢が悪くなるのです。それでも、そんなマンションに住む という選択をした私が悪いのだから、それは仕方ないと思っています。問題は、電車のドアの低さにあります。低くないよ、と思いがちで私もそう思っていたのですが やはり、年に1度くらいはぶつかってしまうのです。非常ににぶく大きな音を放つので、恥ずかしいったらありゃしないのです。しかも、痛い。それはそれは痛いのです。 それでも耐えないといけないのです、人目をはばかって。現在、日本人の平均身長もだいぶ高くなってきて、180センチの人もそこらへんにゴロゴロいるように なりました。そろそろ、電車のドアーの規格も考え直すときなのではないのでしょうかと思い、今日ここにやってきたのです。
9/11 検閲
子供のためにある程度の規制をかけてホームページを閲覧することが可能な「キッズgoo」とかいうサービスがあるらしいです。これからのインターネット社会には こういう機能はやはり必要になってくると思うので、賛成です。しかも、こいつは漢字にふりがなを自動的にふってくれるので、子供にとっては有難いことでしょう。 子供のころの漢字の読めないもどかしさって、今じゃすっかりなくなった感覚ですね。
先日、自分のページをこれを使って閲覧してみたら、出るわ出るわ、見れないページ。何が引っ掛かってしまっているのかわかりませんが、日記の過去分は ほぼ全滅。そんなにエロスは書いていないはずなのに。これは問題ですよ(ごはんですよ。風に)。

おそらく、エロスワードに引っ掛かったのではなく、単に1ページの表示量が多く、システムが対応できなかっただけなのではないか、という憶測もできますが、 それでは面白くないですね。どの辺がいけなかったのか、探ってみてください。
9/10 アンガールズ再び
9/8の日記で「私はアンガールズに似ている」という話をしましたが、これはかなり危険な賭けだったりします。

アンガールズのことをよくわかっていなくて、アンジャッシュと間違えてくれたのならば、そしてアンジャッシュのかっこいい方(児島氏じゃない方)ならば、 プラスです。しかし、アンガールズを知っている人ならば、ブサイキー度MAXであるということはご存知のはずです。私はブサイキー度は高いほうかもしれませんが MAXではないのです。アンガールズに似ているという友達の指摘がどういう心境から出たものなのか私は知りませんが、少なくても、顔が似ている、 ということではないことをここに記しておきます。自分で書いておいて、ちょっとかっこ悪い言い訳になってしまいましたが、実際に、アンガールズ風の男性が ホームページをやっていたとして、誰が見に来てくれると言うのです。それなりに面白いことを言っているのならば、ともかく、このレベルのホームページだったの ならば、アンガールズではいけないのです。中には物好きもいるかもしれませんが、アンガールズのその風貌はそれを凌駕しているのではないかと。

そんなことを書いたらアンガールズに失礼ではないか、という人がいるかもしれませんが、それは間違っています。彼らはそれを売りにしているのだから こういった指摘は悪いことではないと思います。だけど、私はそれを売りにしていないわけで。。。確かに、アンガールズ並のブサイキー度の写真をこの間 奥さんに撮られたのだけど、それは本当の私じゃない、私じゃないはずなのです。
9/9 私とキテレツ
8/25の日記に、「現代人が江戸時代に行ったら、何ができるのであろう?いや、何もできない」という話を書いたのだけど、書き忘れていたことが ありました。
前回の日記では、現在の科学などの知識は、実は概念だけしかわかっておらず、例えば、TVや車などを作ることは一般人には無理であるという ようなことを書きました。それでは、歴史の知識を使ってなんとかできないか、という話です。例えば、大塩平八郎の乱の年号を覚えておくことに よって、お上に乱が起こることを事前にチクり、褒美を貰うというのはどうだろうかということです。アホみたいに受験の時に覚えた年号を初めとした 歴史。
これは、受験勉強中の少年少女ならば、もしかしたら役に立つかもしれない。しかし私のように大学を卒業してから数年経ってしまうと、いや、受験勉強から 数年経てば、その内容などコロッと忘れておるのです。私は、日本史だけは成績が良かったのだけど、もはや、何も覚えてはいません。面白いくらいに 何も覚えていないのです。覚えているのは、「イヤよ、アハン(アヘン)戦争。1840年」くらいなものなのです。

それはともかく、私が覚えていないのはたまたま痴呆症が進んでいるだけなのかもしれません。年号を洗いざらい覚えていたとしましょう。 問題は、その年号の覚え方が西暦だということ。でも、あなたは天才だ。日本の暦もわかっていたとしましょうじゃないですか。
あっ、何月何日かもわからない。そもそも、睦月如月...と1月2月って完全に合致するのでしょうか。
そうこうしている内に、気の短い殿様に切り捨てられたとさ。おしまい。

次回予告:「石器時代にタイムスリップしたら、"あの肉"を食べたい」
9/8 アンガールズ
この間の週末、久しぶりに会った小学校時代からの友達に「アンガールズに似てない?」と言われてしまいました。 ああ、なんということでしょう!私は嬉しくて仕方ありませんでした。その友達が言うには、Aちゃんという違う友達もアンガールズの別の片方に似ており、 2人でアンガールズが完成するのだと言うのです。ちなみに、私がアンガールズの先輩役のほうで、Aちゃんが後輩役のほうらしいです (先輩後輩かわかりませんが、アンガールズのコントはいつも山根が下っ端役。山根ともう一人の名前はわからない)。
6/9の日記にも「自分はアンガールズ似」だと公言していましたが、それが報われたのです。しかし、自分が言う分にはいいけど、 人から指摘されるとちょっとどうなんだという気持ちもありますね。こうなったら明日からは、シャツをズボンの中に入れて生活することにします。

しかし最近は、アンガールズ人気も一段落してしまったかしら。
9/7 ザ・変態
ジョージグッズのコーナーで作ったストラップを気に入りすぎている自分が危険だと思います。

帰り道などにニヤニヤして眺めておるとです。電車の中でも眺めておるとです。大量生産して、誰かにあげたいです。 そして首が取れるまで使って欲しいです。実際、その内、首が飛ぶのだと思います。しかし、粘土のことを考えすぎて 仕事で私の首だけは飛ばないようにしたいと思います。
9/6 私と本能
本当はあまり急いでいないというのに、登り階段をわざわざ駆け上がってしまうことってありませんか。
きっとこれは人間のDNAの134ページ目あたりに刻まれている本能のひとつなのだと思われます。何かしら困難に立ち向かって生きたいという 気持ちなのかわかりませんが、とにかく10回につき3回くらいは、わざわざ駆け上がってしまうのです。そのくせ、階段が終わると普通に歩き始める のです。だから今度からそういう人を見掛けた時は、「ふふ、人間だね」と思ってあげるとよいと思います。

これは、牛が赤い布を見ると、「突っ込みたい、頭からあの赤い物体に突っ込んでいきたい」と自然に思ってしまうのと同じなのです。 こういうとき、「ふふ、牛だなぁ」と思うでしょう?
9/5 電車のドア前における心得
電車を降りるときに、先頭でドアが開くのを待っていることは誰しもがよくあることだと思います。ドアが開いて、さあ降りよう、と初めの一歩を踏み出す前に、 斜め横にいた人にインコースを奪われて先に降りられてしまうことってありますよね。あれ、なんか不快です。佐藤琢磨に強引にインコース取られたくらいです。
ただし、この場合、自分に非があることも否めません。ドア前に立つものとしては、しっかりとドアが開いた瞬間に最初の一歩を踏み出さなくてはいけない。 また、しっかりとドアの近く、15cm以内に立っていなくてはいけません。この条件をクリアしていない場合には、「この人、この駅で降りるのかな!?」と 瞬時に判断されてしまい、このような事態に陥ってしまうわけです。電車に乗る前のルールはなんとなく確立されていて、人々は守る傾向にありますが、 降りる時のルール、これをもっと意識してください。
電車のドア前は戦場なのだ、という認識をしっかりと持ってください。

この文章を電車で書いていて、降りるときに気付いていたのですが、どうも問題はドアに一番近い人というよりも、二番手、三番手でよく起こるみたいです。 自分が二番手だと思っていたら横からスルリとかわされるケースがよくありそうです。
9/4 私とビッグ・メン
私は、実は身長181センチの割と背の高いお兄さんです。
その日、会社から帰る道すがら、背のどでかい外国人の方が歩いていました。私は普段、基本的には自分よりも大きい人を見る機会は少ないので、 たまにどでかい人を見掛けると、その人に対して警戒してしまいます。いや、警戒はおろか、恐怖心すら覚えてしまいます。その日はいつもと違いました。 どでかい外国人の方は1人ではなく3人いました。みな、どでかい。うへ〜、と思いながら彼らから逃げるように早歩きでその場を離れたら、前から、また どでかい人が歩いてきました。その人は日本人でした。こんな巨人たちをよく見る日もあるんだなぁ、えへへおほほと思っていたらまたまた前から私よりも 大きな人が。うへー、あっ、またまた。
いいともの収録があって、背の高い人を募集、みたいなコーナーでもあったのかと思いましたが、ここはアルタ前ではないのです。ザ・千葉なのです。 私は背が縮んでしまったのだと思いましたね。小さくなる薬みたいなものをうっかり飲んでしまったのだと。もしくは、ドラえもんに小さくなる光線を掛けられたのかと。 まったく、ドッキリを仕掛けるなら事前にマネージャーに通してもらわないと困ります。
9/3 私と素材と粘土
ここ毎日のように、粘土をこねているのだけど、あることに気付きました。それは、粘土を使って小さなジョージフィギュアを作る ということは、実はパソコンを使って小さなGIFアニメを作ることと同じであるということです。アナログかデジタルかの 違いに他なりません。ちまちまと少しずつ形を変えて、いい形になったらそれを採用していく。

そのことに気付いたら何だか 嬉しくなってしまいました。最近はGIFアニメを全く作る意欲がなく、2ヶ月以上も更新していなかったのですが、こういう 形でやる気が戻るなんて面白いものです。
9/2 私とモヴァイル・フォン
財布を忘れたことに電車の改札を通ろうとしたときに気付く。げんなり。
今回は財布以外のものは全て持っており、携帯電話もしっかりと携帯していました。 ちょっと前までは携帯電話はよく忘れていたのですが、財布を忘れるということはありえない事態でした。 これは非常に大事な問題であり、私が現代人になったということに他なりません。 それもこれも、7月に携帯電話を機種変更してメールが使えるようになったからに他なりません。 やはり、これからは財布よりも携帯電話がある意味では重要性を帯びるので、お財布ケータイとかいう、携帯電話に 電子マネーや会員登録などの情報を入れて置けるモノは注目を浴びていくのだろうと思ったのです。 そして、お財布ケータイが一般化したときには、「フン、何がお財布ケータイだ。そう簡単に流行には乗らないよ」という 変な反骨精神は持たないように心掛けたいと今から思うのです。その時が来るのはいつになることか知りませんけども。
9/1 Hotmail
アホみたいに無料メールサービスのhotmailの調子が悪いったらありゃしません。自分宛にメールを出したとしても、到着するのが良くて半日後、悪くて3〜4日後 という状況になっております。昔からhotmailとiモードとの通信が遅れる、みたいなのはありましたが、自分に対してもこれほど遅れる なんて全く参っております(自分に対してメールを送るのは会社のPCから家のPCに対して、思いついた日記のネタを送るときであります)。
最近、hotmailはこれまでの2Mから一気に250Mまで容量をアップするという方針を打ち出し、既に250Mに切り替わった人もいるようです。これは無料の メールサービスの革命であります(googleのメールサービスは最大2Gという方針で、それに対抗したようです)。 2Mだといつも不要なメールを削除しなくては容量がいっぱいになってしまうということがあったので、利用者にはとてもお徳なのです。ただ、まもなく2Mから250Mに 切り替わります、というアナウンスがあってから既に2ヶ月近く経つのもいかがなものでしょうか。無料のメールサービスなのだから文句は言えないのですけど、 今までの100倍以上に増強するというのはかなり無理があったのではないか、なんて思ってしまいます。容量は250Mもなくてもいいから、きっちりと メールを送受信できるようにしてもらいたいものです。少なくてもその日出したメールはその日の内に〜。
ただ、これはhotmailが悪いだけではないのでしょうけどね。悪徳メール配信業者がかなりの原因らしいですよ。ほんと困ったものです。

というような文章を書いた後に、自分に対してメールを送ったらすぐに受信することができました。やればできる子でした、Hotmail。