〜ぼちぼち更新される個人的日記2005〜


2005年 2004年 2003/2002年

3/24 レッドカレー物語
先週の土曜日、久しぶりに無印のカレーキットのレッドカレーを作った。この日記では何度も出てくるあいつです。 手軽にかっこいいカレーが作れてしまうカレーキットです。レッドカレーというだけあって辛いカレーで、私の家族 では私しか食べれる人がいないので、兄夫婦にでも分けようと思って作ったのだけど、出掛けているということで 私一人で食しました。土曜の夕飯、夜食、日曜の朝食、昼食。もうカレー天国。もし、キン肉マンに登場させて もらうなら、レッドカレークックという名の超人がいいな、と思ったくらいです。ザ・幸せでした。

具は鶏の手羽先、玉葱、ジャガイモというシンプルな構成だったのですが、今回は手羽先を自分で捌いてみました。 今までは、スーパーで既に関節単位で加工されているアレを使っていたのですが(わかるでしょうか)、焼き鳥屋で 売っているような手羽先を自分で分解したというわけです。これだけでスーパーのパックの値段が100円も違うのです。 250円でしたよ。ワクワクしますね、この値段。私は、200円くらいの安価な鶏のレバーや鮭の刺身をこよなく愛して います。ちょっと危険な香りがするところも、冒険心を刺激してくれます。
手羽先の捌き方は一度テレビで見た以来で、まったくやり方はわからず、ネットでも検索したのですが、まったく 発見できず、自力でやることにしました。テレビでは調理バサミを使っていたので、私もそれを利用しました。 もうガッツンガッツン調理バサミで関節ごと切っていく、以上でした。でも、意外とうまいこと捌けたので、 美味しんぼを愛読していてよかったな、と思いました。

しかし、この日記を書く前にいつものように或る美少女の日記を見に行ったら偶然にも、グリーンカレーネタおよび それに付随して私のことを書いてくれていてびっくりしました。こういうこともあるんですね。私もえいみーさんの ネタを混ぜようと思っていたのに。
3/22 赤いウサギのデュプロ
レゴデュプロ、面白いです。2-6歳向けの大き目のレゴブロックなのですが、通常のレゴよりも面白いっぽいです。 通常のレゴは子供の頃に触って、くっついたブロックとブロックが外れにくいなどあまり良いイメージがないのです。 でも、デュプロに較べて、1ブロックあたりの値段は安いだろうから、本格的にレゴるとなったらあっちのほうが いいに決まっているのです。大量のブロックでいろいろと作りたいのですが、 デュプロは値段が高いので量が足りないのです。フリーマーケットで狙っているものの、デュプロは一度も見掛けた ことがありません。オークションはやはり割高。誰か家に眠っているデュプロを安く譲って欲しいですよ。プリーズ。

しかし、フリーマーケットに出店するのって意味があるんですかね。確実にオークションのほうが高く売れるし、フリー マーケットはショバ代かかるし、いいことなんてないはずなのです。人との触れ合いを楽しむ、というのを目的でみんな出店 しているんですかね。すごく気になるところです。フリーマーケットで欲しいものを見つけても、まずは"値切る"というのが みんなの共通認識ですしね。この頃は暖かくなって、フリーマーケットも少しずつ活気付いてきたみたいですよ。
3/18 漫画と映画
まんが道、やっぱり面白い。友人に借りて久しぶりに読んだのであるが、Aは猿だけじゃないのを再確認。 丁度、読み終わったときにメールがあり、なんと続きが出ていると言うではないですか。満賀氏の物語は あれで終わりでなかった。確かにあの終わり方はない。ここから売れっ子に上り詰めるのか、というところで 終わってしまった。フジコフジオ物語。最近シティハンターだとか北斗の拳だとか山下タローくんとか名作が 復活しているからその煽りなんですかね。そういえば、猿もおっさんになって復活しているだとか。

最近ビデオレンタルして見た「SAW(ソウ)」という映画がお気に入りです。割と軽い話なのだけど、うまいこと 見る側をワクワクさせてくれます。「Cube」が好きな人は楽しめると思います。目が覚めたら密室に鎖で 繋がれており、対面には同じように鎖でつながれている人がいて、その間には死体が、、、というような ワクワクさせる設定。週末、見る映画がない方は、ビデオレンタルするべし。
3/15 私と日記
昔の日記、これはタイムカプセルだ。何年も経った後、掘り起こしてみたら当時のことを思い出して楽しい、そういうものだと 思う。最近は世間にどれほど浸透しているかわからないけど、インターネットのブログやら無料日記スペースなどで手っ取り早く いつでもどこでもパソコンとインターネットに繋がっている線があれば書ける環境にある。実際、私のページに来てくれる人の 多くはそういうものをやっているのだと思います。 無料スペースのブログやらだと、いつその無料スペースが予告なしに無くなるかわからないし、ログを自分のPCに取り込んでいたり 自分のPCに一度書き込んでから公開しているような人だって、紙に印刷する人などほとんどいないでしょう。PCのデータはいつしか 何かのタイミングで消えてしまう可能性があります。CDやDVDに保存していても、永久に残るものでは在りません。
何かで聞いた話では、究極のデータ保管方法は、ハードディスクでもCDでもフロッピーでもDVDでもなく、紙に印刷することらしいです。 確かに今の時代から逆行しているのだけど、これが一番の方法だし、紙であれば手にとって懐かしみやすいではないですか。
人に公開するということは、本当の日記ではないということです。公衆の面前で、赤裸々に全てを語れる人などいないでしょう。 タイムカプセルとしての日記には、その時の本当の気持ちを記せるから価値があるというものです。 私の浪人・大学時代の日記を読んでごらんなさい。あまりにも赤裸々に書いているため、人に見られたとき対策も施してあるのですから。

「この文章をあなたは読んでいけない。読んだらあまりにも恥ずかしくて僕のことを一生見れなくなる」

というような文章を書いてあったはずです。ところで、ここまで読んだあなたは、じゃあお前のこの文章は何なのだ、という疑問も 生まれるかもしれません。これは、私の脳みそを垂れ流しているだけで、タイムカプセルじゃないのです。でも、このときに こういうことを考えていたというのだけでも、後から読んでも楽しめるかもしれませんけどね。とりあえず、プリントアウトナウ?
3/14 私とオークション
奥さんがやっていたドラクエの新しいのをブックオフで売ったら3000円で売れた。 オークションで売ろうと思ったのだけれども、手っ取り早い中古買取のほうが魅力的だったのだ。 オークションでは、買い手にとっては送料や振込み手数料が高くついてしまい、ゲーム一本と いった時には恐らく大して入札の金額は上がらないと思ったのだ。

しかし、先日使わなくなったノートPCをオークションに出したら大成功だった。2001年に買ったもの で、性能も今使っているものよりもだいぶ低く、またキーボードに微妙に利かないキーがあるので まったく使っていなかったのだ。使わなくなった故障したPCがどれほどの金額で入札があるのか 不安であったが、少しずつ入札がかかり、最終的には2万ちょっとで売れた。4年前に17万円くらい で買ったものが2万円という事実だけ見ると微妙だが、まったく使わないものなのに2万円という 結果はホクホクと私のハートを癒してくれた。しかし、あれですね。何がいいって、少しずつ入札価格 が増えていく過程が楽しいです。5日間でしたが、それを見るのを糧に生きていたという感じです。 ヤフーオークションで出品したことがある人はわかるかもしれませんが、システムにお金を払って 表示を上のほうにしてくれる機能、あれは相当効くみたいです。さて、次は何を出品しよう。
3/9 今日は田口が大活躍
やっぱりインターネット界の住人である。人の日記に自分が登場するとすごく嬉しくなってしまう。 もう、何気ないネタでも嬉しくなってしまう。やはり私はインターネット界の住人丸出しなのである。 最近では、この人この人の日記に 登場させていただいた。

だから、あなたもHPを持っていたら色々知り合いの話を書くといいのです。それだけで インターネット界の住人ならば嬉しいはずなのです。インターネット界の住人であるならば。
最近はこの人この人も大好きだと云ふフリツパアズ・ギタア と云ふ或るバンドのシイデイを借りましたのに違いないのである。勿論、これは あの人の文章を模倣した文章である。

しかしながら、Green Dayの「Dookie」というアルバムは良いなぁと久しぶりに聴いて思っております。