〜ぼちぼち更新される個人的日記2005〜


2005年 2004年 2003/2002年

8/31 Mr.ネタっ子
友人Oが開催しているネタ勝負に先日参加させてもらった。主催者のOが朝にメールでお題を出し、参加者は面白回答を考え、Oに送信。 夜になるとOの独断による面白度の判定によって順位付けされた結果メールが飛んでくるというものだ。

今まで何回か催されていたらしいのだけど、初参加。

結果、3位。5人中3位。なんという中途半端な結果。しかし、かなり悔しい。自信のあったネタだったわけではない。 他の人達がどれほどのレベルの勝負をしているのかわからなかったし、とりあえずは試金石的な勝負ではあった。 それでも「その手のネタではH(今回の優勝者)越えは難しいと思うよ!」という評。きっそー、次は頑張ろうっと。

今回のお題:「靖国参拝の真の目的とは?」
私の回答@:「サマルトリアの王子を仲間にするため」
私の回答A:「純ちゃんの持っているドラゴンレーダーが靖国に反応したから」

次次ぃぃいいいい!(リセットボタン押しながら)
8/30 僕が見た僕の見た秩序
僕の見た秩序。」という面白テキストサイトが在る。このサイトと出会ったのは2年前くらいだったと思うのだけど、 面白いことを書いているなあと感心していた。忙しいかったからか、しばらくしてアクセスすることがなくなっていたのだけど、しさしぶりにアクセス してみたら驚きました。丹波哲郎ばりに驚きました。2年前も大人気サイトだったんだと思うのだけど、もはや今ではビッグすぎます。 を出版したり、管理人さん 主催でイベント開いていたり、 車に轢かれたり、と大忙しのようなのです。まさにネットドリーム。

中でも羨ましいというかやられたと枕を濡らしたのが紙細工のコーナー 。2chのあれを紙細工で作っているのですけど、設計書がダウンロードできて 誰でも作ることができるというエンターテイメント性の高さといったら。クラスの人気者クラスですよ。もうリーダーですよ。たけしですよ。
あとは、あれです。僕秩の中で登場するキャラクター。かわいすぎです。そのぬいぐるみも作成していたり。 うちのジョージのかわいくなさ度といったら。それでも自分の中ではジョージストラップも良い線いっていると 思うんですけどね。とにかくですよ、ジョージよりもこう、キャッチーでかわいいキャラクターを生み出すべきなのだと思いましたね。 ちょっとない頭をひねってみたいと思います。

私も掴みたいですよ、ネットドリーム。とにかく「僕の見た秩序。」を一度体験すべし。
8/26 シュールだとか
シュールでGO!の何がシュールなのか、というツッコミは一切受け付けないと「はじめに」に書いているのに、先日たまたまGoogleで「シュールでGO」を検索してみたら ヒットしたページに「何がシュールだ」的なことを書かれてしまいました。 もう、当たっているから地団駄踏んじゃいました。だからはじめにはじめにに書いていたのに。 しかし、あれですね。はんどるネームの変更もそうだけど、HPのタイトルの変更もなかなか難しいものですね。 コロコロ変えていたら相手にされなくなっちゃうだろうし愛着も湧かないものだけど、決めたタイトルに問題があったら変えたいのが心情。人生のリセットボタンは ないけれども、タイトルのリセットくらい許されてもいいはずなのだ。ハムニダ。

元々、「シュールでGO!」というタイトルは当時の彼女の 短大の友達が「質素でGO!GO!」というHPを作っていて、その影響でなんとなく付けたタイトルなのです。もはや愛着が湧いており変える気もないのだけど、 改めてそんな指摘をされるとげんなりもするし、ネタができたと喜ぶっていうものですよ。ありがとう。

あと、これ。このページを 「アンガールズ」で検索すると面白いです) 見てくれている人がいるもんだなあと嬉しくなりましたね。saruさん、匿名さん、あいさん、しょうさん、ありがとうございました。
8/25 素材を更新
久しぶりに(周富徳が言うところの「しさしぶりに」)素材を作成したが、しさしぶりだけあってかイマイチ。 しさしぶりってよくよく見たら半年以上も更新していなかったのだ。素材のページにアップロードする のが面倒くさくてやらなかったくらいしさしぶりです。
走っているのを表現するのは簡単そうで難しいのだ。走っている素材といえば、馬が走っているところを 作ってみたいのだけど、滑らかに表現するのがかなり難しい。昔に馬に乗っているジム(普通の人々な 素材の彼です)を作ったけど、ガタガタですからね。
はて、次は女性ボーカルを作りたいところですが、うまくいくかどうか。HPのデザインも変更したいし、 なかなかHPへのやる気が戻ってきたかもしれません(デザインの変更はまずやらないけど)。
8/12 エンターテインメント
先日、短編映画が作りたいというような野望を語ったわけだけど、本当は何でもいいのである。何でもいいというのは語弊があるかもしれないけど、 何かを表現したいと思ったとき、その表現手段というのはいくらでもあるわけです。私が先日短編映画を撮りたいと言い出したきっかけは『THE 3名様』 というDVDを見たからだけど、このDVDは漫画が原作だし、やっている内容を突き詰めるとお笑いのあるあるネタに行き着くような気がする。これが 小説になってもいいし、ラジオや、もっと言ったら音楽でもいいかもしれない。とにかく同じ表現でもいろいろな表現手段があるわけです。
ただ、その表現手段の中で何が一番自分が目立つといったら、やはり生身の人間で勝負する映画であるわけですよ。もちろん、演じるというのが 前提ですけども。だから、演じたいわけですよ。結局、目立つのは表舞台に立つ人なわけで。いくら漫画家がんばっても、あだち充と編集者の 関係を物語と関係なく描くくらいしかないのですよ(しかも定期的)。

とにかく目下の目標は映像。ただ、ひとつの問題がそれを阻む。それがビジュアル。ああ、ビジュアル。相当中途半端なビジュアル。
8/11 フジ不満
今年もいつものようにアームストロングが勝った。そして引退。
なのになのに、なんでフジテレビ。今年は放送しないと言うではないですか。佐藤琢磨も よいけれど、一年に一回の大イベントのダイジェストくらい放送してくれてもいいじゃない ですか。がっかりなファンも相当多かったはずだけど、それ以上に視聴率行っていないという ことなんですよね、ああ。これ、ツール・ド・フランスの話です。毎年、フジテレビがダイジェストを 放送してくれていたのですが、今年はどっかの有料スポーツチャンネルしか放送しないと いうのです。あの渋いナレーションがよかったのに。

こうなったら、「Web殿様うさぎ」 でツール絵日記を楽しむしかないですよ、みなさん。
8/10 定期券の有効期限
先日、気付いたら電車の定期券の有効期限がその日までだった。
その日は帰りが遅く、最寄り駅の到着が夜0:00を越えてしまい、厳密には有効期限の 次の日に改札から出ることになったのだ。ドキドキした。ピンコーンって鳴ったらどうしよう。 鳴ったら、駅についていたのは0:00前だったのだけど、ホームでちょっと眠ってしまったの だが、それはどうなのだ、というような言い訳を考えたり。

ピンコーンって鳴らなかった。(了)
8/9 映像と私
『THE 3名様』というDVDをレンタルした。今をときめく若手俳優3人が深夜のファミレスという限られたスペースを舞台に、面白トークを かます短編ドラマだ。面白い。非常に面白い。軽くて軽くて脳みそをスカスカにして見られる。基本的に若者のアホトークをしているの だけど、こういう映画を撮ってみたい!という衝動に久しぶりに駆られた。昔から、映像取りたい映像取りたいと心の隅の方でじとじと 考えていたのだけど、揺さぶられましたね。

今では安価でデジタルビデオなるものを購入でき、編集ソフトなども(おそらく)充実しているため、たくさんのひとが、主に暇な若者が 映画などの映像を撮っているのだと思われます。私もその流れに乗りたかった。今から考えると恐ろしく時間のあった大学生時代には 実際に映画を撮ろうと何度思ったことか。全然面識ない人を含め、映画好きを集めて、企画したこともあったけど、結局一度人を集めて これからがんばろうということで一度お酒を飲んでそれで終わり、というパターンもあった。

そんな中、今実際にそういう映像を撮っている人がいます。パンダ猫の しょうさんだとか、今ではサイトは閉鎖してしまったけど軍さん(今は こんな面白ブログ)です。軍さんが撮っていた動画はアホみたいに面白かったし、しょうさんの撮っている動画も将来性を感じ させてくれる。こういう若者に便乗して私もいつか短編ドラマを撮ってみたいのです。ただし、演技が できるわけでもなく、脚本をかけるわけでもなく、撮影技術や編集技術があるわけでない私にはまだまだ妄想にすぎないのです。 その内、自分ひとりでまず何か撮って勉強してから彼ら若者を誘いたいなあと勝手に思ったりしています。

とりあえず、『THE 3名様』に便乗して、くだらないトークでもかましている画像を取りたいです。ネタはここの日記から拾えば よいかなぁと。

私の妄想はともかく、映像を撮っている若者にはがんばって欲しいです。突っ走ってほしいです。軍さんもまた時間が出来たら 作って欲しいです。